ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
シンプルに考える
【第26回】 2015年8月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
森川亮

LINE(株)CEOを退任した森川亮氏が明かす!
「甘えの構造」をつくるから、会社は複雑になる!

1
nextpage

「あれも大事、これも大事」と悩むのではなく、「何が本質なのか?」を考え抜く。そして、本当に大切な1%に100%集中する。シンプルに考えなければ、何も成し遂げることはできない――。LINE(株)CEO退任後、ゼロから新事業「C CHANNEL」を立ち上げた森川亮氏は、何を考え、何をしてきたのか?本連載では、待望の初著作『シンプルに考える』(ダイヤモンド社)から、森川氏の仕事術のエッセンスをご紹介します。

それは、本当の優しさか?

 僕は、経営はシンプルだと考えています。
 社長が、ある分野において自分より強い人を連れてくる。そして、ある分野の仕事をお願いする。それで、うまくいかなければ「人」を変える。うまくいっているときは変えない。プロジェクトの存廃も同じ。結果が出れば人数を増やすし、結果が出なければ減らす。場合によっては解散する。それを貫徹する以外にない、と思うのです。

 「会社がうまくいかない……」
 ときどき、そんな声を耳にします。しかし、僕は、会社がうまくいかない理由ははっきりしていると思います。なぜなら、結果が出ていないプロジェクトは、数字が示しているからです。

 サッカーと同じです。連敗が続いているサッカー・チームがあるとします。敗因を分析すれば、点が入らないから勝てないのか、点を取られているから勝てないのかがわかります。点は取っているけれど、それ以上に点を取られているのならば、ディフェンスに問題があるのだから、ディフェンダーを交代させなければならない。逆にディフェンスはよく守っているのに、点が入らないのであれば、フォワードを交代させなければならない。それ以外に、勝てるチームにする方法があるでしょうか?
 あとは、やるかやらないか。それだけです。

 ところが、これができない。
 なぜか? 「情」が邪魔をするからです。その人を降格したら可哀想だ。あのプロジェクトを中止するのは、メンバーに酷だ。それで、変えるべきものを変えずに、ずるずると状況を悪化させてしまうのです。
 しかし、これが本当の優しさでしょうか?

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


森川亮 

1967年神奈川県生まれ。1989年筑波大学卒業後、日本テレビ放送網に入社。幼少時から一貫して音楽を続けてきたこともあり、音楽番組の制作を希望するもコンピュータシステム部門に配属。本格的にコンピュータを学ぶ。インターネットの登場に刺激を受け、ネット・ビジネスに傾倒。ネット広告や映像配信、モバイル、国際放送など多数の新規事業立ち上げに携わる。仕事のかたわら青山学院大学大学院にてMBAを取得。2000年にソニー入社。ブロードバンド事業を展開するジョイントベンチャーを成功に導く。2003年にハンゲーム・ジャパン株式会社(後にNHN Japan株式会社、現LINE株式会社)入社。4年後には日本のオンライン・ゲーム市場でナンバーワンとなる。2007年に同社の代表取締役社長に就任。2015年3月にLINE株式会社代表取締役社長を退任、顧問に就任。同年4月、動画メディアを運営するC Channel株式会社を設立、代表取締役社長に就任した。


シンプルに考える

「あれも大事、これも大事」と悩むのではなく、「何が本質なのか?」を考え抜く。そして、本当に大切な1%に100%集中する。シンプルに考えなければ、何も成し遂げることはできない――。LINE㈱CEO退任後、注目の経営者がはじめて明かす「仕事の流儀」!

「シンプルに考える」

⇒バックナンバー一覧