ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

本の世界観を味わい尽くす
銀座の「たった1冊しか売らない本屋」

加藤力
2015年8月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

たった1冊しか本を売らない
銀座にある風変わりな本屋

 東京銀座に「1冊の本を売る書店」がある。昭和4年竣工、東京都選定歴史的建造物に指定されている銀座一丁目の鈴木ビル1階にある森岡書店。今年5月5日のオープン以来、話題となっている。

昭和4年竣工の趣ある銀座の「鈴木ビル」。1階の右端に森岡書店がある

 店舗のある鈴木ビルは、戦中期に名取洋之助が主宰する「日本工房」が入っていた。日本工房は、日本の文化・出版界に多大な功績を残したデザイン会社だ。写真家の土門拳、藤本四八、デザイナーでは山名文夫、河野鷹思、亀倉雄策、熊田五郎など、錚々たる顔ぶれが参加していた。

 森岡書店オーナーの森岡督行氏は、茅場町で銀座店同様の書店を10年経営していて、次の展開を模索していた。「この場所なら、新しい書店を出す意義がある」(同氏)と、出店を決めた。Soup Stock Tokyoを運営するスマイルズの遠山正道社長との共同経営となる。

 それにしても、なぜ、1冊しか売らないのだろう。「著者、読者であるお客さん、そして店主である私が、ひとつの本を媒介に成り立つ濃密なコミュニケーション、そこが魅力」と、森岡氏は語る。

 数多ある出版物の中から1冊を選ぶわけだから、森岡氏にとっても思い入れの強い1冊である。著者や読者は言わずもがな。つまり、その本を熱烈に愛する者たちが集う書店ということになる。必然的に濃密なコミュニケーションが生まれるのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


消費インサイド

今の世の中、いったいどんな商品やサービスが流行っているのか? それを日々ウォッチすることは、ビジネスでヒントを得るためにも重要なこと。世間でにわかに盛り上がっているトレンド、これから盛り上がりそうなトレンドを、様々な分野から選りすぐってご紹介します。

「消費インサイド」

⇒バックナンバー一覧