創続総合研究所

親と子では、「見ている時間」が違うのです
~相続における「親の心子知らず」を防ぐ秘訣はどこに?

どう話を始めるか?

八木  ただ、先生。「相続は事前準備が大事だ」ということ自体は、専門家の方を含めて、みなさんおっしゃるんですよ。ところが、実際には、これといった話し合いもないまま親が亡くなってトラブルに、というケースが本当に多いですよね。具体策に踏み切れない原因を、先生はどうお考えですか?

斎藤  僕はこう思うんですね。高齢の親の頭の中を占めているのは、第一に「余生をどう生きようか」ということ。「相続も気になるけれど、まだ先の話だろう」という認識の人が多いのです。「遺産相続? そんなの子どもに任せるから、自分が死んだ後、勝手に分けてくれ」というスタンスの方も、たくさんいます。
 これに対して、子どもはいろんな意味で、親の遺産が気になります。「相続税は大丈夫だろうか?」「今の家に住み続けられるのか?」「兄弟間で揉め事になったら、どうしよう」……。
 要するに、相続に関しては、親子でありながら、それぞれ「見ている時間」がズレているわけ。親は「今を生きること」、子どもは「相続発生後にどうなるのか」が関心の中心なのです。このズレを修正できるのは、「相手に対する思いやり」以外にないと思うんですよ。

八木 さきほど話したような、話し合いの場を持ったり、遺言書を書いたりというのは、親の子に対する思いやりですね。では、子どもが親に思いやりを示せるとしたら?

斎藤  僕は、「親がどんな生き方をしたいのか」「生きているうちに何をしたいのか」に思いを馳せて、そこから話をしてみるという姿勢が、大事だと思うのです。いくら不安だからといって、子どもからいきなり相続の話を切り出せば、親のほうは「遺産の話しかしないのか」と受け取るかもしれません。
そうではなくて、「何か困っていることはないの?」という話をしていけば、「親のことをこれだけ考えてくれるのだから、自分も死んだ後に子どもたちに迷惑をかけてはいけない」という気持ちに、なってくれるのではないでしょうか。

八木 家族としての愛情を持って、相手が何を考えているのかに目を向け直してみようということですね。

創続総合研究所 特集TOPに戻る

SPECIAL TOPICS

 


八木美代子 [株式会社ビスカス代表取締役]

早稲田大学卒業後、リクルート入社。1995年に株式会社ビスカスを設立。税理士を無料でご紹介するビジネスモデルを日本で初めて立ち上げ、現在まで10万件以上のマッチングを実現。相続に強い税理士のみを集めたサイト「相続財産センター」を運営し、相続コーディネーターとしても業界ナンバーワンの実績を誇る。著書に『相続の現場55例』(ダイヤモンド社)、『相続、いくらかかる?』(日経BP社)、『相続は『感情のもつれ』を解決すればお金の問題もうまくいく』(サンマーク出版)などがある。
株式会社ビスカス

 


相続の現場~争いから学ぶハッピー相続術

相続の別名は、「争続」。仲の良かった兄弟姉妹が親の遺産を前に骨肉の争いを演じるというのは小説やテレビドラマの中だけの出来事ではないようです。諍いの中心はもちろん「お金」。ですが兄弟姉妹には、他人がうかがい知ることのできない「本音」「思い」があるようで……奥底にある「心の綾」を解きほぐすと争いから一転、分かりあえるのが家族。そうした「ハッピー相続」の例を解説します。

「相続の現場~争いから学ぶハッピー相続術」

⇒バックナンバー一覧