ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント

大ヒット商品が続々「特許切れ」へ。
2010年以降、もう「新薬」は生まれない!?

――製薬会社も患者も悩ます「2010年問題」のリスク

NHK「追跡!AtoZ」取材班
【第35回】 2010年3月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
2010年問題をきっかけに、「新薬が生まれない」製薬業界の現状が明らかになった。

 2010年問題――という言葉をご存じだろうか? ファイザー、メルク、武田薬品・・・、これら巨大製薬会社の売上げは、実は少数の有力製品(ブロックバスター薬)によって支えられている。その特許が2010年を挟んだ数年間で一斉に切れ、薬の値段が下がることにより、製薬会社の経営に大きな影響を与えるのではないかと危惧されているのだ。でも、こんな意見もある。

 「薬が安くなるなら、わたしたち消費者にとっては良いのでは・・・?」

 確かに「薬の値段が下がる」という面だけ見れば、その通り。でも問題はそんなに単純ではない。アルツハイマー病、がん、うつ病・・・、私たちの暮らしを脅かす病。その画期的な新薬が生まれなくなるのではないかと危惧されているのだ。

 今回の「追跡!A to Z」は、製薬業界の現状を追った。

メカニズムが複雑な病気は
新薬開発が進まない 

特許が切れると「ジェネリック薬品」が登場。薬の売り上げが激減する。

 そもそもいま、なぜ製薬会社が「一斉に」特許切れに悩んでいるのだろうか? その最大の原因は「この20年間、莫大な売り上げにつながる画期的な新薬がほとんど開発されていない」ことにある。年間10億ドル以上を売り上げる「ブロックバスター」と言われる薬の多くは、80~90年代に開発され、それ以降、ほとんど生まれていないのだ。

 なぜ、新薬が生まれないのか? 私たちは世界最大の製薬会社・ファイザー社を直撃した。研究開発部門のトップ、マーティン・マッカイ博士の話。

 「8~90年代にかけて、われわれが薬を開発していたのは、科学的にメカニズムがはっきりしている病気だった。しかし、いま取り組んでいるのは、もっと難しい病なのです」

 新薬が生まれない第一の要因。それはがんやアルツハイマー病など、発症のメカニズムがはっきりしていない病気を対象にしていることにある。

 90年代に開発されたブロックバスター薬には、高コレステロールや高血圧など、いわゆる生活習慣病の薬が多い。これらは、例えば高血圧であれば「血圧を上昇させるホルモン」など、ターゲットが明確になっているため、薬が作りやすいのだ。 

複雑なメカニズムのアルツハイマー病。その治療薬の開発は進んでいない。

 一方、アルツハイマー病に関しては、「アミロイドベータ」という異常なたんぱく質が原因だと考えられているのだが、結論は出ていない。いま世界中の製薬会社が巨額の開発費を投じてアミロイドベータを減らす薬を開発しているのだが、そもそも原因かどうかもわかっていない状態ということもあり、効果的な薬がなかなかできないのだ。

 いま「効果的な薬が少ない」と言われる“アルツハイマー”“がん”“自己免疫疾患(アレルギー・関節リウマチなど)”はどれも、メカニズムが複雑で十分に解明されていないという共通点を持つ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
男女の「謎」に最新科学で挑む! 『だから、男と女はすれ違う』

NHKスペシャル『シリーズ 女と男』を単行本化!
最新科学によって、すれ違う男女の「謎」に迫る。女は本当に地図が読めないのか? なぜ男は「見た目」を重視するのか? なぜ「離婚のピーク」は結婚4年目なのか? 等、男女の人間関係を中心に、共に歩んでいくための「知恵」を探っていく。1500円(税込)

話題の記事

NHK「追跡!AtoZ」取材班

毎回、担当ディレクターが取材内容をもとに執筆、番組内容を再現。
記事の後半では、元社会部記者で「週刊こどもニュース」のお父さん役も務めた番組キャスターの鎌田靖解説委員が、「キャスター日記」として取材を振り返りながら総括する。
◎番組ホームページは、こちら


追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント

政治から犯罪、社会問題まで、読者がいま一番知りたい話題を徹底追跡。その背景に迫ることで、時代を読み解いていく。NHKで放送中の同名ドキュメンタリー番組をウェブ用に再構成してお届けします。

「追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント」

⇒バックナンバー一覧