ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ネット口コミ徹底活用テクニック
【第4回】 2008年2月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
村本理恵子 [マーケティング・コンサルタント]

友達の友達はみんな友達。「SNS」を体験してみる

1
nextpage

 インターネットの本質は双方向のコミュニケーションにあります。人と人とのつながりと交流が物理的な制約を超えて実現することで、新しい価値やビジネスを生み出していく。ここにインターネットの真の価値があると私は考えています。そして、双方向のコミュニケーションと人間関係の飛躍的な拡大を実現してくれるのが、ネットコミュニティです。

 インターネットが日本に上陸して以来、多くのネットコミュニティが生まれてきました。それらとSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とは何が違うのでしょう? 結論をひとことで言えばバーチャルからリアルへです。

 バーチャルという言葉は、ネットコミュニティ内の人間関係がネットを通じて始まることを意味しています。ペット好きのコミュニティに参加して、そこに集うペット仲間と友達になったとしましょう。多くの場合、顔を合わせたこともない同士がお互いに匿名で参加し、ネット上の交流がスタートします。そこからリアルな人間関係に発展するケースもありますが、一生顔を合わせないまま交流が続くケースがほとんどです。リアルな環境の中では出会えなかった気の合う仲間との交流、ここにネットコミュニティの魅力を感じるユーザーがたくさんいたのです。

「SNS」でネットコミュニティが
バーチャルからリアルに

 これに対して、mixi(ミクシィ)に代表されるSNSの多くは「既存の参加者からの招待がないと参加できない」というシステムを採用しています。いわゆる招待制です。これまでのネットコミュニティの課題の1つは、コミュニティの匿名性によって、参加者が名前も顔も知らない他人とコミュニケーションすることに不安や不信感を覚えてしまうことにありました。そして、これがネットコミュニティ拡大の阻害要因にもなっていたのです。この不安や不信感を払拭してくれるのが招待制です。けれどもこれは、ネットコミュニティにとって非常に大きな変革を起こしました。

 すなわち、コミュニケーションのスタートが、バーチャルな出会いから、リアルな人間関係のオンライン化に移ったのです。SNSとは、リアルな人間関係の人脈ネットワークがオンライン上で展開されているものと思ってください。「匿名だからしゃべれる」から「素性がわかる人だから話せる」「友達の友達だから安心」へ、ネット内のコミュニケーションの重心が大きく転換したのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
借りたら返すな!

借りたら返すな!

大久保 圭太 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、8/6~8/12)



村本理恵子 [マーケティング・コンサルタント]

1979年東京大学卒業後、時事通信社に入社。世論調査やマーケティング・リサーチの分析に携わる。98年専修大学教授。同年(株)ガーラ代表取締役会長に就任。(株)ガーラ総合研究所所長をへて、マーケティング・コンサルタントとして独立。企業のマーケティング活動に最新のネット口コミ情報を取り入れ、新しいユーザー志向マーケティングの確立をめざし活動中。


ネット口コミ徹底活用テクニック

ネット上の口コミ情報をいかにキャッチし、有効活用するか。また、自社の危機管理に生かす方法を、口コミ分析の第1人者が豊富な実例で解説。

「ネット口コミ徹底活用テクニック」

⇒バックナンバー一覧