ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

中国人材市場の立役者が日中企業に提言
「“欲しがるだけ”の経営はもう成功しない」

――戴懿・浦莱科咨詢 (上海)有限公司、上海浦莱科人力源有限公司、PRECC総裁に聞く

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]
【第17回】 2010年3月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

組織よりも個人を重視するのが当たり前と言われる中国人だが、現地に進出している日系企業のカルチャーを尊重し、利点を吸収する意欲を持たなければ、競争に勝ち残ることは難しい。それは、日系企業にとっても同様だ。「中国人材ビジネスの草分け的存在」と言われる浦莱科(集団)公司(PRECC)の戴懿総裁は、自身が携わった人材育成のプロセスを振り返りながら、企業が「欲しがるだけ」の経営から脱却することの重要性を熱弁する。

戴懿
浦莱科(集団)公司(PRECC)の戴懿総裁は、日本企業と中国企業の間に横たわる「人材育成の溝」を鋭く指摘し、「欲しがるだけの経営」では、中国で人材を育てることはできないと語る。

――戴さんが中国で起業されるまでの経緯を教えてください。

 高校卒業後、横浜国立大学経済学部に留学し、日本文部省奨学生として大学院まで進みました。その後米国のシンクタンクに客員研究員として2年間駐在し、2000年に中国に戻りました。

 日本や米国での留学経験を通じて、国家の競争はすなわち人の競争であり、中国が遅れているのはむしろ「人」の側面であること、とりわけ近代国家とその国民に必要となる「物の考え方」の面で、先進国と比べてかなり遅れていることを痛感しました。

 中国が本当の意味で世界のトップに肩を並べるためには、「人の育成」が不可欠だと思うようになりました。そして、10年に及ぶ海外経験がある私こそ、「人の育成」を通じて母国中国に貢献しなければならないと強く思いました。

 私には、中国で人の育成を行なうための方法が2つありました。アカデミックや政治の世界で人の育成を行なう方法と、ビジネスを通じて人の育成を行なう方法です。

 ちょうど2000年頃は、中国経済がものすごい成長を遂げ、「ビジネスをやるならまさにこのタイミング」という時代でした。そこで、実践的なビジネスを通して人の育成をする方を選び、起業することにしました。

――起業後、中国でどのように「人の育成」に携わってこられたのですか?

 中国に戻ってすぐ「PRECC」という会社を作り、「人」に関するコンサルティングビジネスをはじめました。

 具体的には、日系企業、欧米企業、および中国ローカル企業向けに、研修、人事コンサルティング、ヘッドハンティングなどを行なってきました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]

1970年、神奈川県横須賀市生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科修了、Tuck School of Business at Dartmouth MBA。Booz & Company, Accentureなどの経営コンサルティング会社、子供服アパレル大手のナルミヤ・インターナショナルを経て、中国にて起業。上海外安伊企業管理諮詞有限公司(Y&E Consulting)、(株)MA PARTNERSの創業経営者でもある。
⇒GML上海ホームページ執筆者へのメール


日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

世界経済の牽引役として注目を浴びる中国に進出する日本企業は、後を絶たない。だが、両国の間に横たわる「ビジネスの壁」は想像以上に厚い。今や「世界一シビアな経済大国」となった中国で日本企業が成功するためのノウハウを、現地コンサルタントが徹底指南する。

「日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男」

⇒バックナンバー一覧