ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ホリエモン的常識

生保の巨大化? 生命保険には興味ないなぁ
【ホリエモン的常識】

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]
【第48回】 2015年9月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
Q.保険最大手の日本生命保険による三井生命保険の買収が発表されました。人口減少や歴史的な低金利下のなかでの経営統合ですが、保険業界の経営環境は今後どのように変化するのでしょうか?

保険料が人件費やCM代に消える保険に興味なし
病気の予防におカネを使った方がマシでしょ

A.正直なところ、イメージなどまったく持っていません。

 そもそも、私は生命保険、特に死亡保険というもの自体、世の中に必要とは思っていません。死んだら、その後のことは知ったことではありませんからね。同じように思っている人も多いのではないでしょうか。

 しかも、加入者の支払った保険料のなかから、保険会社は営業マンや営業レディの人件費を支払ったり、CMなど宣伝費などを支払っているわけで、加入者にすればうれしくない話すよね。

 また、保険への加入が目的でなく、資産運用が目的であれば、投資信託でも買ったほうがよっぽどマシです。がん保険や入院保険なども結局は同様です。

 そんな保険を買うのにお金を使うくらいなら、そもそも病気にならないような予防にお金を使うべきでしょう。定期的に画像診断も含む高度な人間ドックを受診したり、胃がんの原因であるピロリ菌のチェックなどを行って、致死的な病気にならないようにすることにコストを掛けるべきです。

Q.国立感染症研究所が、嘔吐や下痢を引き起こすノロウイルスが突然変異し、例年にない流行のおそれがあるという見解を示しています。海外に行くことが多い堀江さんは、感染症への備えはどうされているのですか。

まずは免疫力を高めてウイルス感染を予防
食べて、飲んで、寝て、ストレスのない生活が健康の秘訣

A.ノロウイルスに関してはワクチンがないので、特に備えていることはありません。気をつけても罹患するときはするので、仕方ない部分もありますし。

 インフルエンザに関しては、毎年ワクチンを接種していますが、それ以外に、海外に行くからといって、特に予防接種をしたことはありません。

 強いて予防法をあげるのであれば、できることは免疫力を高めるために健康な生活をすることでしょう。おいしいものを好きなだけ食べて飲んで、日々の生活でのストレスを減らすことでしょう。それとよく睡眠をとることです。睡眠不足になると免疫力が下がります。

 それ以外ではシャワーを浴びた後は必ずヘアドライヤーで濡れたままの髪にならないように、すかさず乾かしたり。とにかく、ストレスを受けるような生活習慣をできるだけ減らすことです。(ストレス、なさそうに見えるでしょ)

 免疫力が下がる冬の間は、なるべく日本ではなく南の島で過ごすというのも良い手かもしれませんね。

毎週月曜日に配信!

あのホリエモンのメルマガがダイヤモンド社から配信開始

  • 毎週月曜日は、通常号「堀江貴文 ブログでは言えない話」
  • 毎週火曜日は、DPMだけの特別配信「ホリエモン的常識」
    (週刊ダイヤモンド連載生原稿)

メルマガ申し込みへ

●橘玲、闇株新聞などダイヤモンド社の著者がメルマガを配信!DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]

1972年福岡県八女市生まれ。血液型A型。実業家。元・株式会社ライブドア代表取締役CEO。民間でのロケット開発を行うSNS株式会社ファウンダー。東京大学在学中の1996年、23歳のときに有限会社オン・ザ・エッヂ(後のライブドア)を起業。2000年、東証マザーズ上場。2004年から05年にかけて、近鉄バファローズやニッポン放送の買収、衆議院総選挙への立候補などといった世間を賑わせる行動で一気に時代の寵児となる。しかし2006年1月、証券取引法違反で東京地検特捜部に逮捕され懲役2年6ヵ月の実刑判決を下される。2013年11月に刑期を終了し、ふたたび自由の身となって「ゼロ」からの新たなスタートを切った。自身のブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」で独自の見解を展開中。著書に『徹底抗戦』『人生論』『希望論』など。TV、ラジオ、インターネット番組と幅広く活躍中。


ホリエモン的常識

日本で一番有名な企業家、ホリエモンが世間の常識に囚われずに、本音の回答を行なうQ&A連載がスタート。

毎回、起業、IT、テクノロジー、経済、時事問題などあらゆるジャンルの質問に答えていきます。質問は以下から q-horie@diamond.co.jp  週刊ダイヤモンドでの連載と連動し、DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)では、フルバージョンでの配信も行ないます。

「ホリエモン的常識」

⇒バックナンバー一覧