ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか
【第4回】 2015年9月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
津田 久資

一流の人ほど自分の「嗅覚」を疑い、
三流の人ほど「ひらめき」に賭ける

1
nextpage

ある広告企画に関してライバル会社であるX社とY社でコンペになった。どちらの会社もリソースは互角で、与えられた時間も等しく2週間あったとする。
それにもかかわらず、コンペの結果、採用されたのはY社の企画だった。
とはいっても、Y社はずば抜けて素晴らしいアイデアを出したというわけではない。率直に言えば、X社が提案していてもおかしくない堅実な案だった。なぜこの差がついてしまったのだろうか?

それでも「たくさんのアイデアを出せる人」が勝つ

アイデアの戦場において最も避けなければならないのは、「自分も発想し得たアイデアを、競合がより早く発想してしまうこと」だった。

この敗北を「しまった」と呼ぶことにしたい。

>>> 「しまった」についてはこちら
【第1回】
“ヒット商品が出ない人”に共通する「しまった!!」の敗北とは?

前述のとおり、採用されたY社の企画案は、決してずば抜けて素晴らしいものではなかった。だからこそ、X社のメンバーは歯噛みしてくやしがった。
「なぜうちはあの程度の企画を出せなかったんだ!」と上層部もカンカンである。まさに「しまった」の典型だ。

じつはX社の社内会議の段階では、下図にあるとおり、3つのアイデアが検討されていた。そして、その中で最も質が高そうなc案がコンペにかけられた。

一方、上図のとおり、Y社の社内会議でもc案は候補としてあがっていた。しかし、これを含めて全部で9つの案が検討されており、最終的には最も質が高そうなh案で勝負をかけることにした。

いざコンペで負けたときに、X社が「しまった!!」と感じるのは、自分たちも「h案」を発想できたはずだったと思うからである。それなのに、なぜアイデアが出てこなかったかといえば、それは発想を広げるのを途中でやめてしまっているからである。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


津田 久資

1958年生まれ。東京大学法学部およびカリフォルニア大学バークレー校経営大学院(MBA)卒業。博報堂、ボストン コンサルティング グループ、チューリッヒ保険で一貫して新商品開発、ブランディングを含むマーケティング戦略の立案・実行にあたる。 現在、AUGUST-A㈱代表として、各社のコンサルティング業務に従事。 また、アカデミーヒルズや大手企業内の研修において、論理思考・戦略思考の講座を多数担当。表層的なツール解説に終始することなく、ごくシンプルな言葉を使いながら、思考の本質に迫っていく研修スタイルに定評があり、のべ1万人以上の指導実績を持つ。 著書に、就活面接本の超定番書『ロジカル面接術』(WAC)のほか、『世界一わかりやすいロジカルシンキングの授業』(KADOKAWA)、『出来る人ほど情報収集はしないもの!』(WAC)、『超MBA式ロジカル問題解決』などがある。


あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか

【BCG・博報堂で考えた 勝ち続ける発想力】アカデミーヒルズや大手企業向け研修で「論理思考」を1万人以上に教えてきた津田氏は「いまや学歴エリートが容易に敗北する時代になった」と語る。では、ビジネスで勝てる人はどのように考えているのか? ライバルよりも優れたアイデアを素速く発想するための「論理思考の本質」に迫る。

「あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか」

⇒バックナンバー一覧