ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第86回】 2015年9月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

著作権、録音権、複製権……。
パクリに厳しい現代に必須の音楽著作権入門
『音楽ビジネス著作権入門――はじめて学ぶ人にもわかる権利の仕組み』

1
nextpage

インターネットの普及にともなって、「盗作」について厳しい目が注がれるようになりました。しかし、何を以って「盗作」と判断するのでしょうか。今回ご紹介する『音楽ビジネス著作権入門』を読めば、音楽の著作権の仕組みが手に取るようにわかります。

「パクリ」に厳しい現代
音楽業界の人は必見の書

佐藤雅人著『音楽ビジネス著作権入門』2008年9月刊。サブタイトルにあるように、「はじめて学ぶ人」でもわかるようなやさしい解説が特長です。

 著作権は非常に難しい。似たようなデザインはあちらこちらにあるし、どこかで聴いたような音楽もしかり。文章だってそうですね。

 オリンピックのエンブレムをめぐる騒動がありましたが、本当にややこしい。エンブレムはだれが見てもそっくりだと言えるのでしょうが。でも、やはり具体的にどうやってコピーだと判断するのか、よくわかりません。

 本書はデザインではなく、音楽の著作権に関する専門的な入門書です。本書を読んでようやく理解できた事実がたくさんありました。インターネットが普及し始めたのが1996年、20年近く経過しました。デジタル化と検索技術の発達によって、コピーも簡単になり、コピーの発見も簡単になっています。それ以前とは環境がまるで変わっています。音楽著作権を介してデジタル時代のクリエイティブを勉強するためにもよい本です。

 評者は、たとえばポップスの場合、音楽の著作権は作曲家、作詞家、アーティスト(演奏者)が所有する権利だと考えていました。ちょっと違うようです。

 音楽の分野では、作詞家・作曲家とアーティストそれぞれに与えられる権利が違います。しかもその権利は、契約によって音楽出版社やプロダクションに移っていきます。レコード会社は最初から権利者であったり、必要な権利を契約で譲り受けたりします。(2ページ)

 音楽出版社、プロダクション、レコード会社にも権利があるというわけです。著者は大手レコード会社、ソニー・ミュージックエンタテインメントで長年、管理部門にいました。グループ社員向けに著作権講座を開いていたベテランです。広義の著作権はさまざまな権利から構成されています(本書186ページ以降で詳述)。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


坪井賢一 [ダイヤモンド社論説委員]

1954年生まれ。78年早稲田大学政治経済学部卒業後、ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て現職。著書に『複雑系の選択』『めちゃくちゃわかるよ!経済学』(ダイヤモンド社)『浦安図書館を支える人びと』(日本図書館協会)など。


いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧