ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
東京が壊滅する日 ― フクシマと日本の運命
【第22回】 2015年9月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
広瀬 隆 [ノンフィクション作家]

2013年2月22日「毎日新聞」だけが
伝えた重大事実とは?
――八重洲ブックセンター本店での講演(3)

1
nextpage

『原子炉時限爆弾』で、福島第一原発事故を半年前に予言した、ノンフィクション作家の広瀬隆氏。
壮大な史実とデータで暴かれる戦後70年の不都合な真実を描いた『東京が壊滅する日――フクシマと日本の運命』が第5刷となった。
本連載シリーズ記事も累計179万ページビューを突破し、大きな話題となっている。
そんななか、8月28日、東京駅前の八重洲ブックセンター本店で、本書の出版記念講演会が開催された。
当日は金曜夜にもかかわらず、地方からも多くの方々が押しかけ、満員御礼になった。
普段の広瀬氏の講演会は「最低3時間以上」だが、この日は「60分間」限定。
それだけに会場からは、「密度が濃すぎた」「とても1時間では語り尽くせない内容だった」「本当にきてよかった」と真顔で話し出す人が続出!
それを見た担当編集者は、この熱気を全国津々浦々の方へ届けたいと、広瀬氏にリクエスト。ついに、濃密な講演内容を3回に分けてリリースできることになった。
反安倍政権の動きと、緊迫感高まる川内原発再稼働問題のなか、注目の最終回をお送りする!

2013年2月22日の「毎日新聞」で
何が報じられたか?

広瀬 隆
(Takashi Hirose)
1943年生まれ。早稲田大学理工学部卒。公刊された数々の資料、図書館データをもとに、世界中の地下人脈を紡ぎ、系図的で衝撃な事実を提供し続ける。メーカーの技術者、医学書の翻訳者を経てノンフィクション作家に。『東京に原発を!』『ジョン・ウェインはなぜ死んだか』『クラウゼヴィッツの暗号文』『億万長者はハリウッドを殺す』『危険な話』『赤い楯――ロスチャイルドの謎』『私物国家』『アメリカの経済支配者たち』『アメリカの巨大軍需産業』『世界石油戦争』『世界金融戦争』『アメリカの保守本流』『資本主義崩壊の首謀者たち』『原子炉時限爆弾』『福島原発メルトダウン』などベストセラー多数。

 このあと八重洲ブックセンター本店で話したことは、その先に起こること、つまり「4年前に起こった大量の被曝によって、福島県だけでなく、東京を含む東日本全域で、これから人間の体内で何が起こるか」という話であった。

 福島第一原発の北西5.6キロメートルの双葉町上羽鳥《かみはとり》では、水素爆発が起こる前の、2011年3月12日午後3時00分に、1時間あたり1590μSvを記録していたのである(μSvは、100万分の1シーベルト)。

 これを年間の被バク量に換算すると、14 Sv/年であるから、致死量の2倍という、トテツモナイ被曝量であった!! この事実が公表されたのは、事故の翌年、2012年9月21日になってからであった。

 そして翌年、2013年2月22日の「毎日新聞」が、重大なことを報道した。

 福島第一原発の1号機で、2011年3月12日の午後3時36分に「最初の水素爆発」が起こった。
 だがそれより5時間以上前の、朝10時に、原発に近い山田地区では、やはりトテツモナイ空間線量を記録していた、という事実を。

 この時刻は、1号機の格納容器が破壊されそうになったため、致し方なく、ガス抜きをする「ベント」が実施されるであった。ベントとは、排気という意味だが、この場合は、原発内部から高濃度の放射性ガスを、福島県の空に放出する、という作業のことである。

 つまり、住民の大量被曝に目をつぶって、「原発の大破壊を食い止める」、という非常手段がベントである。

 絶対にしてはならないこのベントによって、福島県民は大量に被曝したのだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
小さな習慣

小さな習慣

スティーヴン・ガイズ 著/田口未和 訳

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
小さな習慣とは、毎日これだけはやると決めて必ず実行する、本当にちょっとしたポジティブな行動。この方法を使えば、すべてのことは、習慣化し、目標を達成でき、夢を叶え、人生を変えることができる。何しろ「小さ過ぎて失敗しようがない」のですから。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/14~5/20)



広瀬 隆 [ノンフィクション作家]

1943年生まれ。早稲田大学理工学部卒。公刊された数々の資料、図書館データをもとに、世界中の地下人脈を紡ぎ、系図で衝撃的な事実を提供し続ける。メーカーの技術者、医学書の翻訳者を経てノンフィクション作家に。『東京に原発を!』『ジョン・ウェインはなぜ死んだか』『クラウゼヴィッツの暗号文』『億万長者はハリウッドを殺す』『危険な話』『赤い楯―ロスチャイルドの謎』『私物国家』『アメリカの経済支配者たち』『アメリカの巨大軍需産業』『世界石油戦争』『世界金融戦争』『アメリカの保守本流』『資本主義崩壊の首謀者たち』『二酸化炭素温暖化説の崩壊』『原子炉時限爆弾』『福島原発メルトダウン』『原発ゼロ社会へ! 新エネルギー論』など著書多数。


東京が壊滅する日 ― フクシマと日本の運命

公刊された数々の資料、図書館データをもとに、世界中の地下人脈を紡ぎ、系図で衝撃的な事実を提供し続けるノンフィクション作家の広瀬隆。『東京が壊滅する日 ― フクシマと日本の運命』は壮大な史実とデータで暴かれる戦後70年の不都合な真実を描いた大作。51の【系図・図表と写真のリスト】と公刊された科学的データで誰も知らなかった真実を掲載。本連載では、本書周辺の原発再稼働をめぐる問題や、今そこにある危機を紹介する。

「東京が壊滅する日 ― フクシマと日本の運命」

⇒バックナンバー一覧