ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週のキーワード 真壁昭夫

再び盛り上がる米国経済の「本格回復説」は、
今度こそ本当か?

真壁昭夫 [信州大学教授]
【第121回】 2010年4月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 最近、米国景気の本格的な回復に対する期待が、再び高まっている。米国の3月の非農業部門雇用者数は前月対比プラス16万2000人と、2007年3月(23万9000人増)以来の大幅な増加となった。今まで遅れていた労働市場の回復が明確になってきたようだ。

 また、米国の代表的な耐久消費財である自動車の販売台数(3月)は、前年対比24.3%増と5ヵ月連続で伸びている。米国の大手小売りチェーンの売り上げも、同3%増と堅調な展開が続いている。それに伴い、足元のアンケート調査の結果をみると。企業の景況感の改善は徐々に鮮明化している。

 そうした状況を背景にして、株式市場は上昇傾向が続いており、ニューヨークのダウ平均株価は「心理的な壁」とされる1万1000ドルに近づいている(4月6日現在)。また、原油価格も上昇傾向を辿っており、1バーレル=86ドル台へと跳ね上がっている。

1年ぶりに本格的に盛り上がる
「米国経済回復説」に死角はないか?

 こういった状況を見て、経済専門家の一部からは、「米国景気が今度こど本格的に回復を始めた」という指摘が出ている。ただし、米国経済の先行きには、忘れることのできない懸念が残っていることも事実だ。

 昨年5月に底を打った住宅価格の戻りは、このところ頭打ち傾向が顕著になっている。また、商業用不動産の価格下落にも歯止めがかからない。こうした状況を冷静に見ると、米国経済はいまだ「バブルの後始末」を完全に終えていないことがわかる。それは、地方の中小金融機関の倒産件数が、今年に入ってすでに40行を越えたことからも明らかだ。

 現在、うまく回り始めた米国経済は、株価の上昇や政府などの支援策に支えられている部分が大きい。今後、政府の景気支援の手が離れ、株価上昇が鈍化するようなことがあると、景気の先行きに黄色信号が灯ることも考えられる。

 そのリスクを無視することは、適切ではない。米国景気の先行きには、「まだ中長期的に紆余曲折がある」と見たほうがよい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

真壁昭夫 [信州大学教授]

1953年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学経営学部大学院卒業後、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向。みずほ総研主席研究員などを経て現職に。著書は「下流にならない生き方」「行動ファイナンスの実践」「はじめての金融工学」など多数。


今週のキーワード 真壁昭夫

経済・ビジネス・社会現象……。いま世の中で話題となっているトピックス、注目すべきイノベーションなどに対して、「キーワード」という視点で解説していきます。

「今週のキーワード 真壁昭夫」

⇒バックナンバー一覧