ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

セールスフォースはなぜ
世界4位のソフトウェア企業になれるのか?

――「Dreamforce2015」現地レポート

ダイヤモンドIT&ビジネス
【第100回】 2015年9月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
「Dreamforce2015」の基調講演で、2016年に世界4位のソフトウェア企業になると宣言したマーク・ベニオフCEO Photo by DIAMOND IT Business

純クラウド企業として
年率30%の成長を続ける

 セールスフォース・ドットコムの年次イベント「Dreamforce2015(ドリームフォース)」が、9月15日~18日(米国時間)にサンフランシスコ市内のモスコーニセンターで開催されている。今年で13回目を数えるドリームフォースは、過去最大の17万人の参加登録者数に加えて世界で1000万人のオンライン視聴者が参加する世界最大規模のソフトウェアイベントということになっている。400社以上のパートナー企業が参加し、期間中は1600以上のセッションが予定されている。

 ドリームフォース開催中の約1週間、例年サンフランシスコ市内は参加者と関係者で大混雑となるが、今年はついに市内の宿泊施設が足りなくなり、サンフランシスコの客船専用ピアに大型のクルーズシップを停泊させ、ホテル代わりに使用するという“異常事態”となった。しかも、来年開催のドリームフォースでは、船は2隻に増えることがすでに決まっているという。

 ドリームフォースの規模と競い合うように成長しているのが、同社の業績だ。売上高、利益とも前年同期比+30%前後の成長が続いている。2016年7月期の売上高予想は66億2500万ドル(約7950億円)となっている。純クラウド企業としては文句なしのトップ企業である。

 会期2日目の午後、基調講演に登壇したマーク・ベニオフCEOから冒頭、驚くべき言葉が飛び出した。「セールスフォースは2016年に売上高で世界第4位のソフトウェアベンダーになる」と高らかに宣言したのだ。

 独自の予想のため、調査会社が発表しているランキングとは基準が違う可能性がある。ちなみに4位になったときの上位は、1位マイクロソフト、2位オラクル、3位SAPと同社では予想している。2014年のランキングでは、同社はベスト10の後半というのが一般的な認識だから、2年で一気に数社の大手ベンダーを追い抜く計算だ。このベニオフCEOの発言には、どんな意味があるのだろうか。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

IT&ビジネス 業界ウォッチ

IT業界で話題の新サービス・新製品のニュース、これから話題になりそうな新ツール、知っておきたい各種の統計調査……などなど、経営効率化に寄与するIT業界の今のうごきをレポートします。

「IT&ビジネス 業界ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧