ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ずるい暗記術
【第2回】 2015年9月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐藤大和 [弁護士]

学年ビリで偏差値30の私がなぜ、弁護士になれたのか?(上)
「ずるい暗記術」誕生の瞬間から完成形を迎えるまで

1
nextpage

偏差値30、学年ビリのヤンキーが、倍率約8倍の法科大学院に合格、日本最難関の試験に一発合格した勉強法をまとめたのが、9月18日発売の『ずるい暗記術』。理解もせず、ノートも使わず、時間が短いほど効果の表れる勉強法は、資格試験、英語、大学受験、入社試験ほかで効果を発揮します。
「ずるい暗記術」誕生の瞬間から完成形を迎えるまでを、2回に分けて紹介します。

人生で初めての1位が、高校模試でダントツのビリ

 私は、小学校時代から、勉強もスポーツも恋愛も、何をやってもできない子でした。

 一つぐらいとりえがあっていいはずなのに、それも見つからず……。小学5年生まで九九もできませんでした。でも、テストの成績は悪くありませんでした! あまり大きな声では言えませんが、カンニングばかりしていたのです。

 当たり前のことですが、「答えがわかれば、点数をとれる」ことを知った瞬間です。カンニング(cunning)とは、「ずる賢い」という意味ですが、今思うと、この経験が、「ずるい暗記術」を生むきっかけになったのかもしれません。

 これはすごい発見でした。答えだけ覚えていれば、点数がとれちゃうんですから。

 まだまだ幼かった私ですが、怒られたのは言うまでもありません。

 高校受験では、近所の進学校を目指しました。必死で勉強し、45kgだった体重がストレスで65kgに増えるという犠牲を払った末、ギリギリで合格! 中学の先生から、男子サッカー日本五輪代表がブラジルに勝った「マイアミの奇跡」ならぬ、「湊中学の奇跡」と揶揄されたほどです。決して、ほめられたわけではありません。

 しかし、いざ高校に入ってみると、厳しい現実が待ち受けていました。進学校だけに、授業にまったくついていけないのです。周囲にどんどん置いていかれた挙げ句、学年模試で総合ビリ、偏差値30という不名誉な成績をとってしまいました。

 何をやっても1位になれなかったのに、人生初の1位が「ダントツのビリ」だったというわけなのです。おかげさまで、高校では私より少し頭のいい2人を加え、「三バカ」という不名誉な称号をもらいました。

先生に言われた一言で
「高校やさぐれ暗黒時代」に突入

 バカはバカなりに自覚をしているものです。ただ、この日のことは、今でも忘れられません! 朝のホームルームの時間、担任の女性の先生は学年模試の結果を渡しながら私の志望校を見て、こう聞いてきました。

先生「佐藤くん、国立大学に行きたいの?」
私「はい、行きたいです」
先生「佐藤くんの成績じゃ、どこの大学にも入れないよ」

 と言ってから、こんな言葉を続けました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


佐藤大和 [弁護士]

レイ法律事務所代表弁護士(東京弁護士会所属)
1983年生まれ。宮城県石巻市出身。高校時代、模試では偏差値30のダントツビリで落ちこぼれ。大学生になってから勉強に目覚め、2009年の司法試験に1回目で合格(民事系科目は上位5%以内で合格)。11年、弁護士となり、大手法律事務所を経て、14年4月、レイ法律事務所を設立し、経営者弁護士として、2016年1月には国内の法律事務所でTOP5%以内の事務所規模に成長させる。TBS「あさチャン!」、フジテレビ「バイキング」のコメンテーターのほか、NHK Eテレ「Rの法則」などに出演。フジテレビ「リーガルハイ」、テレビ朝日「グッドパートナー 無敵の弁護士」、日本テレビ「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」など数多くの人気ドラマの法的監修も手掛ける。15年9月には『ずるい暗記術 偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法』(ダイヤモンド社)を出版し、ニューヨークタイムズ、スウェーデンの新聞社など海外からも取材も受けるマルチ弁護士として活躍中。

 


ずるい暗記術

偏差値30の学年ビリが、司法試験になんと1発合格! 資格試験、英語、大学受験、入社試験ほか、「答え」が存在する試験で、効率的に結果を出す勉強法が『ずるい暗記術』です。本書より、常識とはかけ離れたこの勉強法がなぜ、効果的なのか? 著者の魅力と勉強法のポイントを合わせて紹介していきます。

「ずるい暗記術」

⇒バックナンバー一覧