ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
なぜ、一流になる人は「根拠なき自信」を持っているのか?
【第6回】 2015年9月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
久世浩司 [ ポジティブ サイコロジースクール代表 ]

あなたの自信を下げる
「マイナスの思い込み」をなくそう

1
nextpage

自分に自信が持てない人が増えています。自信に欠けると、仕事もキャリアも前に進まず停滞します。どうすれば、自信を手に入れられるのか? その答えは、最近注目を集める「レジリエンス」にありました。本連載では、『なぜ、一流になる人は「根拠なき自信」を持っているのか?』を上梓したレジリエンス研究の第一人者である久世浩司氏が、自信をつけるための思考と習慣ついてお伝えします。第6回のテーマは、あなたの自信を下げる「マイナスの思い込み」について解説します。

自信を下げる 「マイナスの思い込み」とは?

 目指すべきは「根拠なき自信」、そして「本物の自信」の心理状態です。ただ、無意識のうちに「漠然とした不安」に落ち込んでしまうことがあります。その原因となるのが「マイナスの思い込み」です。

 私たちの心は常に自分に話しかけています。これを心理学では「自己対話」と言います。自分の意欲を高め、冷静さを助け、不慣れな状況でも安心感を与えてくれます。

 ところが、ストレスを感じるような人間関係の問題や失敗などに直面したとき、自己対話の内容がネガティブになる場合があります。これが癖となったものがマイナスの思い込みです。過去の経験により心の中に刷り込まれた自己対話のパターンです。

 例えば、失敗を恐れる若手社員には「悲観思考」が、年齢を言い訳にして諦めてしまう中高年社員は「無力思考」が、他者の視線や評価を過剰に気にする人には「減点思考」という思い込みがあります。

 それらが自信の妨げとなるのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


久世浩司 [ ポジティブ サイコロジースクール代表 ]

ポジティブ サイコロジースクール代表 1972年岐阜県大垣市生まれ。慶應義塾大学卒業後、P&Gにて、高級化粧品ブランドのマーケティング責任者としてブランド経営、商品・広告開発、次世代リーダー育成に携わる。在職中にレジリエンスについて学び、応用ポジティブ心理学準修士課程修了。 P&Gを退職後、ポジティブ心理学の実務家を育成する社会人向けスクールを設立。 レジリエンスを活用した企業人材の育成に従事。認定レジリエンスマスタートレーナー。 企業向けの「レジリエンス・トレーニング」は、NHK「クローズアップ現代」や関西テレビ「スーパーニュース」でも取り上げられた。主な著書に、『世界のエリートがIQ・学歴よりも重視!「レジリエンス」の鍛え方』実業之日本社、『なぜ、一流の人はハードワークでも心が疲れないのか?』SB Creative、『リーダーのための「レジリエンス」入門』PHP研究所がある。


なぜ、一流になる人は「根拠なき自信」を持っているのか?

自分に自信が持てない人が増えている。自信に欠けると、仕事もキャリアも前に進まず、停滞してしまう。では、どうすれば自信を手に入れられるのか? 本連載では、レジリエンスという最新の心理学の研究をベースに、「根拠なき自信」を獲得するための思考と習慣のコツをお伝えする。

「なぜ、一流になる人は「根拠なき自信」を持っているのか?」

⇒バックナンバー一覧