ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週のキーワード 真壁昭夫

やはり日本にシリコンバレーはできない?
ライブドア買収が物語る“ベンチャースピリット”の終焉

真壁昭夫 [信州大学教授]
【第122回】 2010年4月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 LDH(旧ライブドア)が、中核子会社のポータルサイト大手「ライブドア」を、韓国インターネット大手・NHNの日本法人に63億円で売却すると発表した。かつて“ベンチャー企業の旗手”として社会の注目を集めたライブドアだが、中核子会社を売却したことにより、「同社の時代は事実上終わった」と報道されている。

 それは、単に「ライブドア」という一企業が、外国企業に買収されたという事実だけに留まらない。一時期、眩いばかりの脚光を浴びたIT関連ベンチャー企業の多くが、ここへきてそのエネルギーを失いつつあることを象徴している。

 よく「わが国では有力ベンチャー企業が育ち難い」と言われる。その背景には、「失敗を恐れる」わが国の国民性があるのかもしれない。また、1990年代初頭から続く景気低迷より、人々の意識が内向きになり、“ベンチャースピリット”が低下したことも影響しているのだろう。

 しかし、失敗のリスクを恐れて新しい分野へのチャレンジを放棄していては、経済全体の新陳代謝が遅れてしまう。そうした状況が続くと、わが国経済は旧態依然とした状況から抜け出すことができず、世界経済の急激な変化のなかで取り残されてしまう恐れがある。

 そうした状況を打ち破るには、人々が元気になって、新しいビジネスにチャレンジすることが必要だ。それを実現するためには、かつてホンダやソニーがベンチャー企業として育ち、世界企業としての地位を築いてきた現実を思い出せばよい。

 それらの企業が、戦後の焼け野原から立ち上がって、現在では世界有数の企業に成長していることを思い浮かべるのである。そして、我々の中に潜んでいる「アニマル・スピリット」を覚醒させる必要がある。

成長のために外を向く中国に対して
内ばかりを向いている日本経済の深刻

 先日、ロンドンでファンドマネジャーをしている友人が、中国に行ったついでに東京にやってきた。彼は、「外を向いて発展しようとする中国と、内を向いて道に迷っている日本は好対照だ」と指摘していた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

真壁昭夫 [信州大学教授]

1953年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学経営学部大学院卒業後、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向。みずほ総研主席研究員などを経て現職に。著書は「下流にならない生き方」「行動ファイナンスの実践」「はじめての金融工学」など多数。


今週のキーワード 真壁昭夫

経済・ビジネス・社会現象……。いま世の中で話題となっているトピックス、注目すべきイノベーションなどに対して、「キーワード」という視点で解説していきます。

「今週のキーワード 真壁昭夫」

⇒バックナンバー一覧