ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田中秀征 政権ウォッチ

内閣支持率20%台に急落!
政治的混乱で“選択肢を失う”有権者たち

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]
【第31回】 2010年4月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 4月19日(月)に、朝日、毎日の両紙が内閣支持率の世論調査結果を発表した。

 それによると、朝日では鳩山由紀夫内閣の支持率が先月調査と比べ、32%から25%に7ポイント下落。不支持率は47%から61%へと急増した。

 毎日の調査では前月の43%から33%へと支持率が10ポイントも下落。不支持率も52%と半数を越えた。

 今の低落速度が続くと、あと2ヵ月もすれば10%台に落ち込むことが避けられなくなった。

 肝心の政党支持率でも民主党は低落傾向にある。特に参院選比例区でどの政党に投票するかで、民主党と答えた人が、朝日では30%から24%に減り、毎日でも31%から29%に減少している。

自民党票を崩せば崩すほど
逆に民主党の低落を招く

 今回の調査では、いくつかの重要な傾向が読み取れる。

(1)まず自民党は依然として低迷を続けていること。「参院選で仮にいま投票するとしたら、どの政党(又は候補者)に投票したいと思いますか」といった内容の問いに対して、自民党へ投票すると答えた人は、朝日21%から20%、毎日22%から21%とジリ貧の傾向をうかがわせている。これは「たちあがれ日本」によって削られた部分かも知れない。両紙共に、自民党と「たちあがれ日本」の数字を合わせると前回調査での自民党の数字とほぼ同じになる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]

1940年長野県生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒業。
83年、衆議院議員初当選。93年6月、新党さきがけ結成、代表代行。
細川政権発足時、首相特別補佐。第一次橋本内閣、経済企画庁長官。
現在、福山大学客員教授、「民権塾」塾長。


田中秀征 政権ウォッチ

かつて首相特別補佐として細川政権を支えた田中秀征が、期待と不安に溢れた現政権の動向を鋭く斬り込む週刊コラム。刻一刻と動く政局をウォッチしていく。

「田中秀征 政権ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧