ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「学び」はどこへ向かうか?――ITが拡張する教育の現場

IT化先進校に学ぶ導入の課題
――動き始めた公立学校でのICT活用【後編】

野本竜哉 [iOSコンソーシアム文教ワーキンググループリーダー]
【第3回】 2015年10月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

前回は国の施策としての「教育のICT化」について、1人1台の教育用コンピューター整備予算や教育クラウド創設等の動きを紹介した。後編となる本稿では、全く異なるアプローチからこうした教育ICT環境の導入に挑む、2つの事例を紹介する。 

学校長のイニシアチブで教室にICTを
多摩市愛和小学校の挑戦

 1つ目の事例は、学校が「独自の取り組み」としてICT化を進めている多摩市の愛和小学校だ。

 同校は国が目指している「児童1人に1台の教育用コンピューター」を有する環境がすでに実現されている学校で、2013年頃からiPadを導入、児童は毎朝登校すると「iPad部屋」に自分のiPadを取りに行ってから授業に挑むというスタイルがすでに2年度ほど続いている。

今年からはウィンドウズタブレットやクロームブックなども追加導入され、「複数のOS」を同じ学校で利用している。2015年6月に開催された同校の公開授業には、同校の特徴的な環境を一目見ようと200人を超す企業、学校関係者、市区町村の行政担当者や議員などが集結した。

先導的教育システムの中に収録されているドリルに取り組む児童の様子。このドリルはiPadの標準ブラウザ“Safari”で動作している Photo by Tatsuya Nomoto

 同校は総務省の「先導的教育システム」とよばれる教育クラウドの検証協力校として指定されている。公開授業ではこれらの複数のOSが混在する環境の中で、教育クラウドを活用しているところを見ることができた。このクラウドの中にはドリルやクイズ型、映像を使った教材が多数格納されており、休み時間にゲーム感覚でこれらを利用する児童もいた。(取材日は雨だったので自動は休み時間にタブレット学習や読書をしていたが、晴れの日は元気に外で遊ぶ約束とのこと)

次のページ>> iPadを選んだ理由
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

野本竜哉 [iOSコンソーシアム文教ワーキンググループリーダー]

のもと・たつや/一般社団法人iOSコンソーシアム文教ワーキンググループリーダー。大学受験時に数年来の疑問がweb上の動く教材で氷解した経験から、教育のITによる拡張を志向する。公教育から教育ベンチャー(EdTech)の動向の追跡や、企業と教育者を集めての月例勉強会、文科省協賛イベントへの出展などを主導している。


「学び」はどこへ向かうか?――ITが拡張する教育の現場

近年急速に進みつつある教育分野のIT化の現状について、特に小学生~高校生向け教育の現場と周辺の動きを取材。急速に動き出した私立学校のIT化に加え、公立学校(市町村・都道府県の教育委員会)で起きているITを活用した教育の“拡張”を紐解いていく。

「「学び」はどこへ向かうか?――ITが拡張する教育の現場」

⇒バックナンバー一覧