ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株安にも勝てる!利回り10%投資の世界byダイヤモンドQ

利回り6-8%のタイ不動産
在留邦人の多さが安心材料

ダイヤモンドQ編集部
【第7回】 2015年10月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

東洋のデトロイトと呼ばれるタイには自動車関連など多数の日系企業が進出しており、不動産投資先としても人気が高い。ダイヤモンドQ編集部がその核心をレポートする。

 2015年末の発足が予定されているASEAN経済共同体。市場統合による恩恵が最も大きいといわれているのが、陸のASEANの中心に位置するタイだ。値上がりが見込まれる不動産市場には中国、韓国、日本などの外資マネーが流れ込んでいることもあって、分譲マンションの価格はかなり上昇している。

バンコク中心部、地下鉄ラマ9駅近くのタワーマンション「ザ・マーク」。こうした高級物件の価格は東京都心と変わらない

 不動産サービス大手CBREのデータによると首都バンコク中心部の新築マンションの平米単価は14年の平均で約56万円、10年前の2倍の水準に跳ね上がっている。

 ただ、物件供給が増えて在庫が積み上がっているため、デベロッパーが開発を抑える傾向にあり、今年から来年にかけては新規供給が減少する見通し。アジア不動産情報に特化したウェブサイトを運営するエイリック(東京都中央区)の田中圭介社長によれば、「価格上昇の勢いがやや沈静化している」状況だという。

 現地ホワイトカラーの住宅取得意欲も高く、鉄道沿線を中心に郊外で平米単価24万~25万円程度の分譲マンション開発が盛んだが、日本人が投資対象とするならやはり中心部の物件だろう。日本人駐在員の賃貸ニーズが豊富で、購入後のテナント付けが比較的容易だからだ。ちなみに、タイの在留邦人は6万4285人(14年10月時点)、その大部分がバンコクに集中している。

1
nextpage

「資産運用についての悩み」を解決したいなら、
実用ライフスタイル誌ダイヤモンドQをどうぞ!

あなたのQuestionにズバッと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。老人ホーム選び、病院選びから、資産運用、保育園選びまで、重大な決断を骨太の記事やランキングで手助けします。

2015年11月号 好評発売中(税込780円)

ダイヤモンドQ2015年11月号

第1特集「利回り10%投資の世界」
株安下でも資産を増やしたい人は必読!

第2特集「資産価値を上げるマンション大規模修繕」
大規模修繕や建て替えの知識やノウハウを紹介

第3特集「日本のベスト温泉&温泉宿100」
宿泊者調査でベスト温泉100と温泉宿100をランキング

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ダイヤモンドQ編集部

あなたのQuestionにズバっと答える雑誌、それがダイヤモンドQです。保育園選び、学校選び、病院選び、老人ホーム選びなど、人は人生の節目で重要な決断をしなければなりません。ダイヤモンドQは、ランキングやエッジの聞いた骨太の記事であなたの「知りたい」に答えていきます。詳しくはホームページ[http://www.diamond.jp/gr/q]をご覧ください。


株安にも勝てる!利回り10%投資の世界byダイヤモンドQ

長らく超低金利が続いており、さらには夏以降の株価下落を受けて、資産運用に困っている人は多いのではないだろうか。そもそも日銀はインフレターゲット2%の目標を掲げており、それを上回る運用を目指さなければ、資産を守ることさえ難しいという、大変厳しい時代だ。そこで、資産を防衛したい、ちょっとでも増やしたい、株安局面でも関係なく資産を増やしたいというあなたに、少なくとも10%前後のリターンが取れるような商品を紹介しよう。

「株安にも勝てる!利回り10%投資の世界byダイヤモンドQ」

⇒バックナンバー一覧