ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エディターズ・チョイス
2015年10月19日
著者・コラム紹介バックナンバー

全世界注目!10月21日、あのデロリアンが走る!
お台場で起こる“歴史的瞬間”を目撃せよ!!

2015年10月21日、午後4時29分。この日この瞬間、ある「歴史的な瞬間」が日本で起こります。

ごみをデロリアンのタンクに突っ込むドク(右)。『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part2』より © 1989 Universal Studios and U-Drive Productions, Inc. All Rights Reserved.  〈拡大画像表示〉

 実はこの日は、世界的なブームを起こした映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part2』で、主人公マーティがタイムトラベルでやってきた“未来”の日付。

 そんな記念すべき日に起こる「歴史的瞬間」とは、映画の中で登場したタイムトラベルする車「デロリアン」が、映画と同じように「ごみ」を燃料にして、なんとこの日本を走るというもの。

 クリストファー・ロイド扮するドクが、次々とごみを燃料タンクに放り込むあの衝撃のシーンが、日本で再現されるのです!

「デロリアン」を現実のものにしたのは、
なんと日本の小さなベンチャー

 この驚きニュースが発表されて以来、海外メディアや映画ファンの間では、「ホントかよ!?」「オレも乗ってみたい!」「誰がそんなすごいことを始めたんだ!?」という声がネットを中心に駆け巡り、大きな話題になりました。

 実はこのデロリアンを現実のものにしたのは、「日本環境設計」という小さなベンチャー企業。社長の岩元美智彦氏は、初の著書『「捨てない未来」はこのビジネスから生まれる』(ダイヤモンド社・刊)の中で、

 実は私は、2007年の創業のときに決めていたことがあります。
 それは、2015年10月21日に、「ごみで動く車」を動かすこと。

 と語っています。

 そう、岩元氏は大学生だった30年前の21歳のときに観た『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンに魅せられ、実現への情熱を静かに燃やしつづけていたのです。そして2007年、42歳でついに起業、ごみを燃料に変える技術としくみを確立しました。

2015年8月、ついに映画仕様のデロリアンを手に入れた岩元氏 〈拡大画像表示〉

 さらに、いよいよ2015年へのカウントダウンが始まった今年、本国アメリカの映画会社に直談判し、「着なくなった服を回収し、そのゴミでデロリアンを走らせる」というプロジェクトを提案。結果、「FUKU-FUKU×BTTF GO!デロリアン走行プロジェクト」として公認され、2015年10月21日にイベントが開催されることが決まったのです!

 当日は、デロリアン走行プロジェクトのほかにも、「バック・トゥ・ザ・フューチャー トリロジー 30thアニバーサリー デラックス・エディション」の発売や、イベントが行われるお台場では『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part2』の上映会(有料)も開催。

30年前の“未来”をたっぷり楽しめる1日になること、間違いなしです。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



エディターズ・チョイス

ダイヤモンド社書籍オンライン編集部によるインタビューまたは厳選した特別寄稿。経済、産業、経営、社会問題など幅広いテーマを斬新な視点で紹介する。

「エディターズ・チョイス」

⇒バックナンバー一覧