ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田中秀征 政権ウォッチ

普天間“公約違反”も責任逃れ!
信用できない鳩山首相の発言

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]
【第32回】 2010年5月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「最低でも県外」からの方針転換が
なぜ“公約違反”ではないのか

 5月4日、鳩山由紀夫首相は、首相になって初めて沖縄を訪問した。そこで首相は、仲井真弘多沖縄県知事らに、普天間飛行場の移設先として「沖縄県内」の受入れを要請した。また、基地機能の一部の移設先として徳之島も検討していることを認めた。

 これは、昨年の総選挙で「最低でも県外」としてきた首相の重大な方針転換であり、明らかな公約違反である。

 だが、公約違反の声に対して、首相は公約違反ではないと主張した。

 すなわち、「最低でも県外」という発言は、「党の考え方ではなく、私自身の代表としての発言だ」として責任を逃げたのだ。

 おそらく、この釈明を考えて何ヵ月も要したのだろう。

 しかし、有権者側から見て、党首の公約は党の公約よりはるかに重い。党首の発言は、党の公約を修正するほど大きな影響力を持っているのだ。それに当時、この鳩山代表発言に関して民主党内から大きな反論もなく、議論もなかった。どう考えても、「最低でも県外」は政権の公約である。

 もし、首相のこの釈明を受け入れれば、今後の首相発言は全く信用できなくなるではないか。

平野官房長官は“いけにえ”?
自分の迷走を閣僚に責任転嫁

 もう1つ気になるのは、首相が普天間問題の迷走を関係閣僚の責任に転嫁しようとしているように見えること。

 特に平野博文官房長官が“いけにえ”にされようとしている印象を受ける。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]

1940年長野県生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒業。
83年、衆議院議員初当選。93年6月、新党さきがけ結成、代表代行。
細川政権発足時、首相特別補佐。第一次橋本内閣、経済企画庁長官。
現在、福山大学客員教授、「民権塾」塾長。


田中秀征 政権ウォッチ

かつて首相特別補佐として細川政権を支えた田中秀征が、期待と不安に溢れた現政権の動向を鋭く斬り込む週刊コラム。刻一刻と動く政局をウォッチしていく。

「田中秀征 政権ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧