ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ホリエモン的常識

東京大学が世界で劣っているものって
結局は英語力だよね 【ホリエモン的常識】

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]
【第53回】 2015年10月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
Q.英誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーションの「世界大学ランキング」で東京大学が43位となり、26位のシンガポール国立大学にアジアトップを奪われました。日本の大学がグローバルで戦ううえで求められていることとは何でしょうか。

順位はまぁどうでもいいけど
英語力の向上と研究に没頭できる環境づくりがポイントかな

A.そもそもこんなランキング気にしても仕方ないところはありますが、まずは英語への対応でしょうか。

 やはり、世界共通言語である英語が自由に使える地域にある大学は有利です。もちろん東京大学でも、大学院レベルになれば論文は英語で書きますし、専門用語を交えた簡単な会話は英語でも問題ありません。しかし、日常生活のほとんどはどうしても日本語になってしまいます。こうしたことが英語力の向上の一段のハードルになっているのでしょう。

 また大学院以降の院生に関しては、研究に関係のないアルバイトなどに時間を取られていることが日本の大学の場合は多いです。

 一方で、アメリカの大学では、学生の研究課題が多くて、アルバイトに精を出すこと自体が事実上不可能ということもありますが、一方で教授の行っている研究を、大学院生が無償ではなく有償で手伝うことにより、それ以外のアルバイトをしなくて良い体制が整っている大学も少なくありません。

 日本の大学も、学生がもっと研究に没頭できるような体制を作る必要があるでしょう。

Q.素粒子物理学を発展させた東京大学宇宙線研究所の梶田隆章所長がノーベル物理学賞を受賞しました。科学技術の予算が基礎研究から応用・実用化研究にシフトするなか、この受賞はどのような意味を持つのでしょうか。

世の中の関心が基礎研究に集まることは大歓迎
起業家はもっと資金援助を増やすべきでは

A.今回の受賞により、ハイパーカミオカンデやX-MASS、さらに日本に建設が予定されている国際リニアコライダーに対する世間の関心が高まり、予算が獲得しやすくなるとは思います。

 小惑星「イトカワ」への苦難の旅が共感を呼んだ小惑星探査機「はやぶさ」のおかげで、イトカワとは違ったタイプの有機物リッチな小惑星「Ryugu」に向かう「はやぶさ2」の予算が獲得できたような感じです。

 世間とは移ろいやすいものです。わかりやすい成果が出ると国民の共感が得られ予算が獲得できます。逆に話題に上がらなくなると事業仕分けなどで削られてしまいます。

 何の役に立つのかわからない研究に関しては、本来は科学技術の知識豊富な“パトロン”がお金を出すというのが理想的です。実際、世界にはロックフェラーやビル・ゲイツのような大富豪が作った研究財団がいくつもあります。

 今後は、IT起業家の成功者が基礎研究にどんどん投資をする時代がくるのではないかと考えています。

毎週月曜日に配信!

あのホリエモンのメルマガがダイヤモンド社から配信開始

  • 毎週月曜日は、通常号「堀江貴文 ブログでは言えない話」
  • 毎週火曜日は、DPMだけの特別配信「ホリエモン的常識」
    (週刊ダイヤモンド連載生原稿)

メルマガ申し込みへ

●橘玲、闇株新聞などダイヤモンド社の著者がメルマガを配信!DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]

1972年福岡県八女市生まれ。血液型A型。実業家。元・株式会社ライブドア代表取締役CEO。民間でのロケット開発を行うSNS株式会社ファウンダー。東京大学在学中の1996年、23歳のときに有限会社オン・ザ・エッヂ(後のライブドア)を起業。2000年、東証マザーズ上場。2004年から05年にかけて、近鉄バファローズやニッポン放送の買収、衆議院総選挙への立候補などといった世間を賑わせる行動で一気に時代の寵児となる。しかし2006年1月、証券取引法違反で東京地検特捜部に逮捕され懲役2年6ヵ月の実刑判決を下される。2013年11月に刑期を終了し、ふたたび自由の身となって「ゼロ」からの新たなスタートを切った。自身のブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」で独自の見解を展開中。著書に『徹底抗戦』『人生論』『希望論』など。TV、ラジオ、インターネット番組と幅広く活躍中。


ホリエモン的常識

日本で一番有名な企業家、ホリエモンが世間の常識に囚われずに、本音の回答を行なうQ&A連載がスタート。

毎回、起業、IT、テクノロジー、経済、時事問題などあらゆるジャンルの質問に答えていきます。質問は以下から q-horie@diamond.co.jp  週刊ダイヤモンドでの連載と連動し、DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)では、フルバージョンでの配信も行ないます。

「ホリエモン的常識」

⇒バックナンバー一覧