ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

電気自動車の「十字軍」!?
三菱重工・米ベタープレイスが教えてくれた
エコカー“オールジャパン”体制の大いなる課題

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第44回】 2010年5月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 2010年4月26日(月)。東京・虎ノ門。その日、世界初のEV(電気自動車)タクシーの船出を直前に控えて、来賓挨拶が続いた。

 環境省・環境大臣政務官・大谷信盛氏 「地球温暖化対策基本法が国会で審議中でもあり…、CO2削減に寄与するので…、応援する」と祝辞を述べた。

 続いて、衆議院議員・茂木としみつ氏 「東京のEVタクシー、CO2削減を目指す世界に対する日本のソリューションの発信となる…」と祝辞を述べた。

 そして3人目。三菱重工業取締役副社長執行役員・福江一郎氏 「皆さん、こんにちは。さて、なぜ三菱重工? それは後に説明しますが…」と前置きをして、しばし祝辞が続いた。だがその直後、かなり「ドギツイ発言」が飛び出した。

 「今回、(EVタクシーの)バッテリー交換式の実証試験を行ううえで、様々な障害があった。大手自動車メーカーは必ずしもバッテリー交換型を快しとは思っていない。これまで三菱重工とベタープレイスはいろいろな大手自動車メーカーにバッテリー交換型(に対応する量産型電気自動車)をつくってもらおうとしたが、難しかった。将来はバッテリー(パックとしての)標準化を進めて、リース事業を考えたい。また大容量の電力貯蔵としてスマートグリッドの重要な構成要素としても注目している。また来年早々、弊社バス(=三菱ふそうのバス)でも、都市バスとしてバッテリー交換型の実証試験を始める。今後は、三菱重工とベタープレイスが(電気自動車業界の)『十字軍』となって、バッテリー交換型の普及につとめたい」。

 欧米メディアも多数詰め掛けたマスコミ向け発表会で、よくぞここまでズバっと言い切ったものだ。これはまさしく、東京電力が規格推進し日系大手自動車メーカーが同調している急速充電器の協議会「CHAdeMO」に対する公開挑戦状である。その後、筆者を含む経済メディア等数人との囲み取材時に同氏は「急速充電は蓄電池の寿命を短くするのが問題だ」と語り、バッテリー交換式推進派としての立場をさらに強調した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧