ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ベストセラー対談
【第22回】 2015年11月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
和田裕美 [営業コンサルタント],美崎栄一郎

進化して、また愛されて。長く使われる手帳の最新事情とは?
『和田裕美の営業手帳』和田裕美×『美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳』美崎栄一郎 対談【前編】

1
nextpage

著者がプロデュースする「キャラクター手帳」には、それぞれの著者の想いがつまっている。行動を見える化して数字をアップさせる『和田裕美の営業手帳』、人生のシナリオを描くことで行動を起こさせる『美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳』はそれぞれ個性やアプローチは違えど、夢を掴むためのツールであることは共通している。お二人にこだわりと開発秘話を語ってもらいました。(取材・構成/両角晴香 撮影/宇佐見利明)

年間15冊の手帳を使って、
善し悪しを見極めた

和田 美崎さんはサラリーマン時代から、よく手帳を使っていらしたのですか?

美崎 はい。商品開発をしていたので色々気になって、毎年買い替えていました。

和田 へえー、さすが研究熱心。

和田裕美(わだ・ひろみ)京都府生まれ。作家、営業コンサルタント。人材育成会社「和田裕美事務所」代表。小学生のときから通知表に「もっと積極的にお友だちとお話ししましょう」と書かれ続けたほど引っ込み思案な性格にもかかわらず、上京後は外資系企業の営業職に就く。当初はおどおどして相手の目を見て会話することもままならず、長い間つらく厳しい下積み時代が続いたが、独自の「ファン作り」営業スタイルを構築し、試行錯誤を重ね、徐々にプレゼンしたお客様の98%から契約をもらうまでになる。それによって日本でトップ、世界142ヵ国中2位の成績を収めた。その経験から「考え方」と「行動」で運命はいくらでも変えられるのだと実感し、自分が行っていた思考パターンを「陽転思考」として確立する。執筆活動の他、営業・コミュニケーション・モチベーションアップのための講演、セミナーを国内外で展開している。女性ビジネス書の先駆けとして大きな反響を呼んだ『世界No.2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本』(ダイヤモンド社)がベストセラーになる。ほかに『人生を好転させる「新・陽転思考」』(ポプラ社)、『和田裕美の人に好かれる話し方』(大和書房)など著書多数。最新著作は『成約率98%の秘訣』(かんき出版)。

美崎栄一郎(みさき・えいいちろう)
1971年、横浜市生まれ。大阪府立大学大学院工学研究科を修了後、花王株式会社で約15年勤務、プロジェクトリーダーとして活躍。独立後は、商品開発コンサルタント、作家、講演家など様々な顔を持つ。仕事のツールにはこだわりがあり、仕事の効率とクオリティを上げるために、さまざまな工夫を行ってきた。文房具朝食会(東京、大阪、名古屋で社会人がボランティアで開催している勉強会)や文房具を併売している書店(紀伊國屋書店・三省堂書店・丸善・カネイリ・川又書店)でも、仕事のアウトプットを上げるためのツールの使い方を紹介。初の著書『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』(ナナ・コーポレート・コミュニケーション)は、現役サラリーマンのノート術のノウハウを公開した書籍として話題になりビジネス書のベストセラーに。ほか『iPadバカ』『iPhoneバカ』『Facebookバカ』(アスコム)など著書多数。近著は、『「結果を出す人」は、エクセルをどう乗りこなしているのか? 』(仕事の教科書BOOKS)。

美崎 1年間で15冊使った年もありました。ほぼ日手帳、能率手帳、100円手帳、なんでも試しましたね。

和田 1ヵ月1冊以上はすごい。

美崎 手帳を替えると、それまで使っていたものの善し悪しがわかるので、改善点が見えやすいんですよ。さすがに転記が大変で、途中からはマンスリーページをコピーしたものを貼り付けるようになりました。

和田 美崎さんの『「結果を出す人」のビジネス手帳』でいいなと思ったのはシールです。貼って剥がせるのが素晴らしい。

美崎 「再剥離シール」ですね。スケジュール変更があったときにシールを移動させるだけだから楽でしょう?

和田 書いたり消したりする手間がはぶけます。

美崎 来年で5年目だから、また研究して改良してもいいかなと思っています。和田さんの手帳は今年で11年目ですか。

和田 はい、ありがたいことに。

美崎 毎年たくさんの手帳が出るなかで長く愛されるのは並大抵じゃないですよね。僕なんて、2年目でいきなり廃盤になったらこんなダサいことないよなって、最初に出すときはかなりプレッシャーでした。

和田 文具のプロでいらっしゃいますからね。周りの期待も大きかったでしょう。

美崎 はは。だからすべての工場に足を運んで「今年できないなら、来年はできますよね」って交渉して。

和田 商品開発がご専門の美崎さんだからこそできることですね。

美崎 和田さんの『営業手帳』は、複数人の目標と結果を書き込めるのがいいですね。僕もプロジェクトマネジャーをやっていたときは似たような感じで書き出していました。フォーマットがあるのはありがたいですよね。真似したいくらいです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


和田裕美(わだ・ひろみ) [営業コンサルタント]

外資系教育会社でのフルコミッション営業時代、プレゼンしたお客様の98%から契約をもらうという「ファン作り」営業スタイルを構築し、オリジナルの営業手法によって日本でトップ、世界142カ国中2位の成績を収めた女性営業のカリスマにして先駆者。 短期間に昇進を重ね、女性初、最年少で2万人に1人しかたどりつけないと言われる支社長となる。その後、企画室長、マーケティング部長、最後には最年少の営業部長となり、全国20支店、100名を統括する立場となる。当該企業の日本撤退に伴い独立。執筆活動の他、営業・コミュニケーション・モチベーションアップのための講演、セミナーを国内外で展開している。 著書は女性ビジネス本の先駆けとなった『世界No.2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本』はじめ、『幸せをつかむ! 時間の使い方』『人づきあいのレッスン』『「やる気」が出るコツ、続くコツ』(以上、ダイヤモンド社)、『和田裕美の人に好かれる話し方』(大和書房)、『失敗してよかった!』(ポプラ社)など多数。


ベストセラー対談

多くの読者に支持されるベストセラーの著者が、それぞれの著書に込めた思いや互いの著作についての感想を語り合う。対話から生まれる化学反応が、ベストセラーを読み込むための新たな視点やヒントを提供する。

「ベストセラー対談」

⇒バックナンバー一覧