ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

経済情勢に隔世の感を漂わせる
バック・トゥ・ザ・フューチャー

加藤 出 [東短リサーチ代表取締役社長]
2015年11月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」で、主人公がタイムトラベルした日が2015年10月21日であることから、世界各地で関連イベントが開催された Photo:REUTERS/アフロ

 10月21日から数日間、米国のテレビ番組には、マイケル・J・フォックスら映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」(1989年公開)の俳優陣が頻繁に登場していた。第1作の主題歌を担当したヒューイ・ルイスは、ニューヨークのミッドタウンでデロリアン(クルマ型タイムマシン)を運転するキャンペーンを行っていた。

 日本でも話題になっていたように、主人公のマーティ・マクフライとエメット・ブラウン博士(ドク)が85年から未来に向かったのは、30年後(2015年)の10月21日だったからである。

 映画で予想されたテクノロジーの進化は実際どの程度実現されたのか、という論評が米国で多数見受けられた。IT関連には現実が映画を超えていたものもあったが、クルマやスケートボードは空を飛べていない。

 そして、それ以外にも興味深い点が幾つかあった。映画に登場する10月21日の米紙「USAトゥデイ」1面は、「東京の株価アップ、平均価格は5ポイント上昇」と報じていた。だが、米国の株価は載っていない。15年にはダウ平均株価よりも日経平均株価が重要と予想されていたようだ。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月28日号 定価710円(税込)

特集 劇変世界を解く 新地政学

世界史の大転換が始まる

【特集2】
銀行界も戦々恐々
コンビニATM戦争

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧