ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦

やっぱり息子は自分の子でなかった!
元彼との再婚のつなぎに使われた悲劇の夫(下)

露木幸彦 [露木行政書士事務所代表]
【第16回】 2015年11月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

>>(上)より続く

 それから2ヵ月。哲人さんも手をこまねいていたわけではなく、何とか妻子を連れ戻そうと足しげく実家通いを続けたのですが、結果は門前払いばかりで功を奏さず、時間ばかりが過ぎていったのです。そして自宅に1人取り残された哲人さんのもとに2通の手紙が届きました。宛名はどちらも「家庭裁判所」。2通に共通するのは、それが「調停」だということ。調停とは裁判所内で調停委員や裁判官を交えて話し合う制度です。

 1通は離婚調停への呼び出しでした。妻はこれ以上、哲人さんと話し合っても埒が明かないと思ったのか舞台を裁判所へ移してきたのですが、もう1通は何だったのでしょうか?そこに書かれていたのは「親子関係不存在確認」の調停。一見、聞き慣れない漢字9文字ですが、これは一体、何なのでしょうか?

 まず今現在、戸籍上の親子になっている父と子がいるとします。そこで利害関係者が「父と子が本当に親子なのか」と疑問を抱いたとき、親子関係の有無について結論を出すという制度です。具体的には父と子がDNA鑑定を行い、科学的な視点で本当に親子かどうかを確認します。

 つまり、DNA鑑定の結果、哲人さんと息子さんが「親子ではない」と認定されれば、今まで親子だった2人は明日から赤の他人に成り下がってしまうのです。過去6年間、哲人さんはその子のことを「実の息子」だと思い、息子さんも哲人さんのことを何の疑いもなく「お父さん」だと思い、一緒に喜怒哀楽を分かち合ってきたのに、です。

 哲人さんは裁判所からの手紙を見るや否や、わなわなと手が震え、一気に体中が熱くなり、頭に血が上ってしまったそうですが無理もありません。哲人さんは6年もの間、ずっと「本当に自分の子なのか」と疑いながら過ごしてきました。百歩譲って哲人さんの側から「親子関係不存在確認」の調停を申し立てるのなら、まだ話は分かるでしょう。しかし、実際には妻の方から先んじて申し立ててきたのです。

 哲人さんが「言おう言おう」と思っていたことを妻に先に言われてしまったわけですが、それだけではありません。別のオトコと肉体関係を結んでおきながら、他人の子を育てさせておきながら、そして勝手に出て行っておきながら、「アンタはもうお役御免だわ」と言わんばかりに逆上してきたのですから、哲人さんの怒りは想像を絶するでしょう。

妻との離婚に抵抗はないが
息子とは別れたくないのが正直なところ

 哲人さんは6年間、モヤモヤした苦悩を抱え込んでおり、ようやく今回、白黒をつけることができるのは確かですが、そうそう簡単な話ではありません。哲人さんが息子さんのことを我が子のように可愛がってきたので、そこで生まれた愛着はそう簡単に捨て切ることはできず、息子さんへの愛情が後ろ髪を引き、「調停に出席するべきかどうか」をなかなか決断できずにいたのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

露木幸彦[露木行政書士事務所代表]

つゆき・ゆきひこ/行政書士、フィナンシャルプランナー。1980年生まれ。国学院大学卒。男性の離婚相談に特化した行政書士事務所を開業し、開業から6年間で有料相談件数7000件、法律文書作成900件を達成。公式サイトは1日訪問者3300人、会員数は1万3000人と、業界では最大規模にまで成長させる。2008年よりドコモ、au、ソフトバンクの公式サイトで法律監修を担当。四半期に一度、大相談会を開催している。主な著書に『結婚貧乏~結婚してはいけない人を避ける方法』(中央公論新社)、『離婚のことばハンドブック~今すぐ解決したい人のキーワード152』(小学館)、『男のための最強離婚術』『男の離婚 賢く有利に別れるための6つの成功法則』(共にメタモル出版)などがある


実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦

昨今の離婚事情は複雑化している。夫が借金、浮気、暴力を繰り返して妻に愛想を尽かされるという「昭和型離婚」ばかりでなく、足もとでは「草食系離婚」も急増している。妻が多重債務、不倫、ヒステリーなどを繰り返し、真面目で優しい夫がそれに絶えられなくなって離婚を決意するというパターンだ。そうしたなか、離婚トラブルで悩み悶える男性が増えている。一度離婚トラブルに発展すると、男性は多くの精神的・物理的な負担を強いられる。到底納得できない理不尽な離婚トラブルに意図せず巻き込まれた場合に備えて、普段から対処法を考えておくことは必要だ。「男性の離婚相談」に特化し、数多くの相談実績を誇る行政書士の露木幸彦氏が、毎回実例を挙げながら、男性が陥り易い離婚トラブルへの対処法を指南する。読まずに泣くか、読んで笑うか――。現在離婚トラブルで悩んでいる人もそうでない人も、「他人事ではない男の離婚」について考えるための参考にしてほしい。

「実例で知る! 他人事ではない「男の離婚」 露木幸彦」

⇒バックナンバー一覧