ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
政局LIVEアナリティクス 上久保誠人

普天間決着先送りが、鳩山政権にとって実は不利ではない理由

上久保誠人 [立命館大学政策科学部教授、立命館大学地域情報研究所所長]
【第49回】 2010年5月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 鳩山由紀夫首相が、5月末までに普天間基地移設問題を決着するという方針を断念した。米国、移設先の自治体、連立与党の合意をすべて期限内に得るのは困難と判断したということだ。

 これに対して、鳩山首相の退陣を要求する声が高まることが予想される。しかし今回は、中長期的に考えると、「決着先送り」は必ずしも鳩山政権にとって不利ではないと論じる。

「自主防衛」で一貫する
鳩山首相の言葉の重さ

 最初に、「首相の言葉の重さ」について考えてみたい。マスコミや識者は鳩山首相が「首相の言葉の重さ」を理解していないと批判する。しかし、これを裏返して考えると、「首相の言葉」は、たとえそれが愚かなものでも、やはり「重い」ということにならないだろうか。

 例えば、米国は同盟国の首相の言葉を、最後まで無視できない。徳之島や沖縄の首長は、最後まで首相の言葉を拒絶し続けて、内閣を崩壊させられない。その責任を負うのはあまりに重い。だから米国と日本は実務者協議を続けているし、徳之島と沖縄ではさまざまな動きが出ている。そして、全国知事会も動き出したのだ。

 鳩山首相の言葉は、移設先の案が浮かんだり消えたりした際には、確かに軽かった。しかし、何人かの識者が指摘しているように、安全保障における対米依存を減らし「自主防衛」を目指すという点では、鳩山首相の言動は実は一貫している。

 沖縄の負担軽減とは、その分を「自主防衛」で補うことに他ならず、この点に関して鳩山首相の発言は重い。そして、対米依存を現実的とする自民党を遥かに先行している。

 ちなみに、社民党は基地の「国外移設」を一貫して主張している。しかし、一見現実離れしてみえるこの主張こそ、「自主防衛」確立を必要とするものだ。

 この連載では、日本で過去、中道左派政党が政権入りした場合に安全保障政策が前進してきたと指摘した(第29回)。今回も、民主党・社民党が政権を獲得したことで、安全保障は「自主防衛」の方向で前進していると考えることが可能だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上久保誠人 [立命館大学政策科学部教授、立命館大学地域情報研究所所長]

1968年愛媛県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、伊藤忠商事勤務を経て、英国ウォーリック大学大学院政治・国際学研究科博士課程修了。Ph.D(政治学・国際学、ウォーリック大学)。博士論文タイトルはBureaucratic Behaviour and Policy Change: Reforming the Role of Japan’s Ministry of Finance。

 


政局LIVEアナリティクス 上久保誠人

「大物政治家に話を聞いた」「消息通に話を聞いた」といった大手マスコミ政治部の取材手法とは異なり、一般に公開された情報のみを用いて、気鋭の研究者が国内・国際政局を分析する。

「政局LIVEアナリティクス 上久保誠人」

⇒バックナンバー一覧