ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層

世界経済の新たなリスク
新興国4ヵ国に注意せよ

高田創・みずほ総研チーフエコノミスト

高田 創 [みずほ総合研究所 常務執行役員調査本部長/チーフエコノミスト]
【第191回】 2015年11月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

世界経済の回復力は鈍い
特に新興国には下振れリスク

世界経済は“新興国危機”のリスクを抱えている。写真はブラジルのサンパウロ

 11月、みずほ総合研究所は四半期毎に改訂している『内外経済見通し』を発表した。図表1がその世界経済予測総括表だ。

 2015年の基本シナリオは、新興国の減速が続く中、先進国が中心の回復となり、米国一国に期待が集中する米国機関車論であった。2015年を振り返れば、先進国、特に日本の回復力は期待外れだった。日本は、7~9月期のGDP(1次速報)が年率▲0.8%と2四半期連続のマイナスとなり、アベノミクス始まって以来の逆風状態にある。

 今回も2015年の見通しは、前回(8月)見通し、さらに5月見通しに続き、全般的に下方修正を行った。中でも、日本は▲0.4%Ptと大幅な下方修正となった。新興国は予想通りの減速が続いたが、我々が注目したのは、世界経済の長期にわたるバランスシート調整の第3局面としての、新興国問題である。

 2016年を展望し、先進国は緩やかな改善を見込むが、新興国は下振れリスクを内包する局面にあるとした。

◆図表1:みずほ総合研究所の世界経済予測総括表(2015年11月)

(注)予測対象地域計はIMFによる2012年GDPシェア(PPP)により計算。
(資料)IMF、みずほ総合研究所
拡大画像表示
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層

リーマンショック後の大不況から立ち直りつつあった日本経済の行く手には、再び暗雲が立ち込めている。留まることを知らない円高やデフレによる「景気腰折れ不安」など、市場に溢れるトピックには、悲観的なものが多い。しかし、そんなときだからこそ、政府や企業は、巷に溢れる情報の裏側にある「真実」を知り、戦略を立てていくことが必要だ。経済分析の第一人者である熊野英生、高田創、森田京平(50音順)の4人が、独自の視点から市場トピックの深層を斬る。

「経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層」

⇒バックナンバー一覧