ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

鳥取、下着、ラブホ……
中国人観光客が好む意外な場所・モノは?

高橋 大介[百度日本法人(バイドゥ株式会社)国際事業室 室長]
2015年11月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
鳥取砂丘に中国人観光客が押し寄せる日も近い?いまや訪日客が向かうのは、東京、京都、大阪といった大都市だけではなくなっている

 訪日中国人の動向に異変が起きている。

 10月初旬の大型連休「国慶節」に伴い、Baidu本国の検索サービスのデータより調査・公開した「中国人の検索結果ランキング」の上位には、意外な地名が並んだ。これまで東京、京都、大阪といった世界的大都市が上位を占めていた同ランキングに、「鳥取」「秋田」といった日本国内でも比較的メジャーとは言い難い都市がランクインしたのだ。

 その背景には、訪日中国人の行動における、ある変化が隠されていた。

あの「名探偵」が火付け役 
中国人が辿り着く「鳥取」

 今年後半に見られた、訪日中国人行動の大きな変化の1つが、「地方志向」だ。相変わらず5大都市への観光客数は突出しているものの、今年の春節時期には目立たなかった地方への動きが、注目に値するトレンドへと成長している。

 例えば、タイトルでも挙げた「鳥取」。日本では数ある都道府県の中の1つだが、今回の調査ではPCで19位、モバイルでは18位にランクインし、地味に存在感を増してきている。中国人による関連検索ワードを分析すると、その躍進の理由が見えてきた。

鳥取がPCで19位、モバイルで18位にランクインしている
拡大画像表示

 「鳥取」と併せて検索されているのは、日本の人気アニメである「名探偵コナン」、そして「堀越ゆみ」という人名だ。前者については説明不要だろうが、後者についてはほとんどの方が馴染みのない名前だろう。それもそのはず、この「堀越ゆみ」とは、「名探偵コナン」のとある人気エピソードにのみ登場した1キャラクターの名前なのだ。

 「名探偵コナン」は中国語でも刊行され、現地でも高い人気を誇っている。作者の青山剛昌氏の出身地が鳥取であること、さらには作中屈指の人気エピソードである「小五郎の同窓会殺人事件」の舞台のモデルとなった旅館が鳥取にある、ということで訪れる同作品のファンが年々増えているという。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧