HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

耳より健康トレンド

男が「更年期」を疑うべき男性特有の症状

工藤 渉
【第30回】
不眠、頭痛、めまい、動悸などだけではない!男性更年期は男性特有の症状があった

 男性にも更年期があること、近年ではLOH症候群と呼ばれることは比較的知られている。だがその実情に明るい人は多くないはず。女性の場合以上に、自分が更年期にあることを意識することが少ないからだ。

 そもそも更年期とは「40代以降の男女の性ホルモン分泌量の低下が原因となる自律神経失調症に似た症候群」のこと。女性の場合は、閉経期前後のおよそ10年間に卵巣ホルモンであるエストロゲンの分泌が急激に減少することによってさまざまな症状が現れる。男性も30歳以降、いわゆる「男性ホルモン」であるテストステロンの分泌が減少し始め、40代後半で症状が現れる。だが女性の場合と較べ分泌量の変化が緩やかであり、閉経といった明らかな兆しもないため、「老化」や「疲労」で済ませてしまうことが多い。

 症状は自律神経失調症とほぼ同様である。つまり心身ともにありとあらゆる不調が起こりうるのだ。だるさ、不眠、頭痛、めまい、動悸、下痢、勃起不全、前立腺肥大など身体的なものから、イライラ、憂鬱感、意欲減退など、精神的なものまでさまざまである。症状が軽ければ、なるほど「年をとったな」か「最近ストレスが多いからな」で済ませてしまいそうだ。実際、年齢に関係するし、ストレスで症状が悪化するのでややこしい。

前立腺肥大症や勃起不全…
不安があれば病院で診断も可能

 テストステロンの低下が原因による男性の更年期は、前述のように近年ではLOH(Late-Onset Hypogonadismの略)症候群、あるいは加齢男性性腺機能低下症候群と呼ばれ注目されるようになり、治療も行われている。

 男性の更年期には明らかな兆しはないが、症状のひとつである前立腺肥大症や勃起不全は男性特有のものだ。当然ながら勃起不全=更年期ではないものの、EDの自覚をきっかけに更年期の存在を意識し、医師の診断を受ける場合も多い。

1 2 >>
関連記事
このページの上へ

耳より健康トレンド

健康な生活を送るためには、日頃から知識やノウハウの積み重ねが必要だ。忙しい日々の中でついつい見落としがちな「意外に効く健康グッズ」、「無理せずにできる健康法」「世間で注目されている健康情報」など、知っておくとちょっとおトクな健康トレンドをお届けする。

「耳より健康トレンド」

⇒バックナンバー一覧