ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか
【第34回】 2015年11月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
津田 久資

結果を出す人は「あるあるネタ」能力が抜きん出ている

1
nextpage

ビジネスの戦場では「誰もが潜在的に持っているアイデア」をできる限り多く引き出せた者が勝利する。

しかし、そもそもアイデアを「引き出す」とはどういうことなのだろうか? 実のところ、「アイデアを引き出す」ことと「記憶を引き出す」ことは、非常によく似ている。

優秀なコピーライターがアウトプットする言葉や、売れるお笑い芸人の「あるあるネタ」なども、基本的にはビジネスにおけるイノベーションと同じような構造の上に成り立っているのではないか?

古代ギリシャの哲人に「アイデアの発想法」を学ぶ!?

古代ギリシャ哲学の大成者であるプラトンは、著作の中で「真理の認識とは、想起(思い出すこと/アナムネーシス)である」といった趣旨のことを語っている。

たとえば、ピタゴラスの定理を僕たちが正しいと認識できるということは、かつて僕たちの魂が真理の世界(イデアの世界)に存在しており、いままさにイデアを「思い出している」からにほかならない――そう考えるのが最も理にかなっている、とプラトンは主張しているわけだ。

まさにイデア(idea)を語源とする「アイデア」については、多くの人が似たことを語っている。つまり、「発想するとは、思い出すことである」というわけだ。

 「発想する」と「思い出す」がしばしば並べて語られるのは、両者が「頭の中から何かを引き出す」という点で共通しているからだ。

一般的な意味の「思い出す」は、頭の中の情報(知識)を顕在化させることである。
一方、「発想する」とは、頭の中に潜在的に眠っているアイデアを顕在化させることにほかならない。

ビジネスの「競争」において僕たちが「しまった!」と思う場面を考えてみよう。
僕たちがそもそも「しまった!」と感じるのは、相手が現に発想したアイデアを、自分も「潜在的なかたちで持っていた」からである。それを相手が先に顕在化した(思い出した)のに対し、こちらはそれを顕在化できなかった(うっかり忘れていた)。
だからこそ、「くやしい!」「残念だ!」という感情が湧き上がってくるわけだ。

ここで重要なのが、「発想における“しまった”=うっかり忘れ」という点だ。
「忘れる」という言葉にも2つの意味がある。

1つは、完全に頭の中に情報がない状態。つまり、何を忘れているのか自体もわからない状況である。

もう1つが、情報やアイデアは頭の中にあるけれど、それを引き出せない状態だ。
だから、それを他人が見事に引き出してみせると、「ああ、そうだった……」「そうそう、わかってたんだけどね」「ああ、しまった。なんで忘れてたんだろう……」という声が漏れてしまうのである。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    津田 久資

    1958年生まれ。東京大学法学部およびカリフォルニア大学バークレー校経営大学院(MBA)卒業。博報堂、ボストン コンサルティング グループ、チューリッヒ保険で一貫して新商品開発、ブランディングを含むマーケティング戦略の立案・実行にあたる。 現在、AUGUST-A㈱代表として、各社のコンサルティング業務に従事。 また、アカデミーヒルズや大手企業内の研修において、論理思考・戦略思考の講座を多数担当。表層的なツール解説に終始することなく、ごくシンプルな言葉を使いながら、思考の本質に迫っていく研修スタイルに定評があり、のべ1万人以上の指導実績を持つ。 著書に、就活面接本の超定番書『ロジカル面接術』(WAC)のほか、『世界一わかりやすいロジカルシンキングの授業』(KADOKAWA)、『出来る人ほど情報収集はしないもの!』(WAC)、『超MBA式ロジカル問題解決』などがある。


    あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか

    【BCG・博報堂で考えた 勝ち続ける発想力】アカデミーヒルズや大手企業向け研修で「論理思考」を1万人以上に教えてきた津田氏は「いまや学歴エリートが容易に敗北する時代になった」と語る。では、ビジネスで勝てる人はどのように考えているのか? ライバルよりも優れたアイデアを素速く発想するための「論理思考の本質」に迫る。

    「あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか」

    ⇒バックナンバー一覧