ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
シフト 2035年の未来
【第4回】 2015年11月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
マシュー・バロウズ,藤原朝子 [学習院女子大学]

すべての新興国が抱える経済成長と政情不安のジレンマとは?

1
nextpage

大統領の指針ともなる最高情報機関・米国国家会議(NIC)。CIA、国防総省、国土安全保障省――米国16の情報機関のデータを統括するNICトップ分析官が辞任後、初めて著した全米話題作『シフト 2035年、米国最高情報機関が予測する驚愕の未来』が11月19日に発売された。在任中には明かせなかった政治・経済・軍事・テクノロジーなど、多岐に渡る分析のなかから本連載では、そのエッセンスを紹介する。

今後の世界経済の命運を握る新興国。第4回では、近い未来に新興国が経済繁栄を迎えるのか、政情不安で失速していくのか、その伎路を分析する。

経済成長と政情不安を
同時にもたらす「中間層」

中間層(1日の世帯支出が購買力平価ベースで10〜50ドル)の台頭は政治的な問題も引き起こしている。ハーバード大学の社会学者サミュエル・ハンチントンらは、「中間層は生まれたときは革命家で、中年になる頃には保守的になる傾向がある」と指摘している。中間層は政治や社会の秩序を守る要になるが、それが自分の利益になるなら、という条件がつく。だから政治を安定させたいなら、国は中間層に良質な行政サービスを提供しなければならない

中間層が民主化を要求するか、安定を選ぶかの選択は、人口動態も影響している可能性がある。アラブの春が始まる2年前の2008年、私はエジプトのホスニ・ムバラク大統領や、チュニジアのジン・アビディン・ベンアリ大統領などの独裁体制に対して、変革の要求が高まる可能性を予見していた。

1960〜1970年代に権威主義的だった韓国や台湾などの国では、中間層が拡大し、若年労働人口が増えると、政治的自由化を求める圧力が高まった。北アフリカの主要国(リビア、エジプト、チュニジア)では、2000〜2020年に同じような条件がそろいつつあった。だが中東では、どんな変革も容易に進まないことはわかっていた。

韓国と台湾では経済が上向いていたからスムーズな民主化が可能になったが、エジプトでは若者の大部分(高学歴者を含む)が仕事を見つけるのに苦労している。東アジア諸国が豊かになったのは、政府が普通教育によって労働力の質を急速に改善するとともに、輸出産業の育成に力を注いだからだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


米国の最高情報機関であるNIC(国家情報会議)の元分析・報告部部長。直近の2号である『グローバルトレンド』(2025/2030)で主筆を担当。ウェズリアン大学(学士号)とケンブリッジ大学(博士号)で歴史学を学ぶ。1986年にCIA入局。2003年にNICに加わる。28年に渡って国家情報アナリストとして活躍。リチャード・ホルブルック国連大使の情報顧問を務めたこともある。2013年に辞任し、現在は「アトランティック・カウンシル」戦略フォーサイト・イニシアチブ部長を務める。ワシントン在住。

 

藤原朝子[学習院女子大学]

 

学習院女子大学非常勤講師。フォーリン・アフェアーズ日本語版、ロイター通信などで翻訳を担当。訳書に『撤退するアメリカと「無秩序」の世紀』(ダイヤモンド社)、『ハーバードビジネススクールが教えてくれたこと、教えてくれなかったこと』(CCCメディアハウス)、『未来のイノベーターはどう育つのか ―― 子供の可能性を伸ばすもの・つぶすもの』(英治出版)など。

 


シフト 2035年の未来

大統領をも動かす米国最高情報機関NIC元トップ分析官が、「2035年」の未来を徹底予測! CIA、国防総省、国土安全保障省……米国16の情報機関を統括し、未来予測・分析を行う諮問機関が、国家情報会議(NIC)です。政治・経済・軍事・テクノロジー、あらゆる領域からNICトップ分析官が在任中には明かせなかった不都合な「シフト」を分析します。

「シフト 2035年の未来」

⇒バックナンバー一覧