ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

太陽電池でグローバル企業に脱皮
スピード感を持ち変革に挑む
昭和シェル石油会長 香藤繁常

2010年5月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Daisuke Aikawa

──国内の石油精製能力は、日量480万バレルに対し、100万バレルが過剰とされる。他社に先駆け、製油所廃止による12万バレル削減を打ち出した狙いは。

 少子化が進行し、また、低燃費のクルマが出るなど環境対策が進み、国内の需要は長期にわたり逓減していく。

 だが、世界規模では、人口は65億人から2050年には92億人になり、原油の価値はますます高まる。昔のように、1バレル20~30ドルに下がることはないだろう。

 今回、海外市場で戦うためにコスト構造を検証した。日本には、石油の備蓄義務と消防法の規制によるコストがかかる。だが、操業の安定性は他国より高い。装置構成の高度化を実現すれば、高い国際競争力を持つことができる。

 精製能力の削減は海外市場をにらみ、価格競争力を上げるために他社よりもスピード感を持って挑んだ結果だ。

──14年度の目標には、経常利益の半分の500億円を、石油でない太陽電池で稼ぐと掲げている。

 これも、海外市場で勝てる確信があるからだ。

 現在、当社の太陽電池売り上げの80%以上が海外市場向けだ。今後も、各国の政策的な導入促進で需要は伸びるだろう。

 11年度には宮崎県に太陽電池の第3工場が完成、年産1ギガワットの体制が取れる。フィールドテストでは、1日の総発電量がトップクラスにあると評価を得ている。高温のなかでも発電量が劣化しないため、中東にも適している。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧