ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IFRS最前線

2010年度末には300人体制で臨む!
SI業界の巨人・NTTデータが
本気で取り組むIFRS対応サービスの中身

【第13回】 2010年5月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 SI(システムインテグレーター)業界の巨人・NTTデータが、総力をあげてIFRS導入の支援サービスを展開しようとしている。

 同社サービスの第1の特徴は、NTTデータ本体や子会社による個別の対応ではなく、NTTグループ全体でIFRS対応サービスを提供することにある。NTTデータは本体のみならず、グループ内にも、コンサルティング会社、システム構築会社を抱えている。

 したがって、IFRS適用のインパクト診断という準備段階から導入のロードマップ策定、システム構築、実行と運用定着、それを担う人材育成まで、網羅的かつ総合的にサービスを提供していく。いわばIFRS導入なら、「何でもござれ」「丸ごと請け負います」という内容になっている。

 第2の特徴が実績の活用。NTTデータグループ自体も、IFRSの適用を検討しており、その成果も顧客に提供していく。特に、サークエント、アイテリジェンスといった欧州のグループ会社は、2005年に欧州がIFRSを先行して適用を開始したため、すでにIFRS移行の経験がある。前者はBMWのIT子会社にNTTデータが出資してグループ会社となり、後者はSAPのグローバル・パートナーの1社である。

IFRS導入とITシステム更新の
整合性を取るという視点が重要

 「お客様にはIFRS導入のロードマップと、それに基づくITロードマップを早期に策定することが重要ですと、言っているんです」。こう語るのは、NTTデータIFRSビジネス推進室の日下部啓介課長。

 これにはふたつのポイントがある。ひとつはIFRSそのものの導入スケジュールである。2012年にIFRSを強制適用するかどうかの最終結論が出され、2015年または2016年から開始される予定だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


IFRS最前線

2015年にも日本企業に強制適用される可能性がある国際会計基準(IFRS)。“世界標準”ともうたわれるこの基準の適用は、日本経済にどのような影響を与えるのか。IFRSを様々な角度から取材し、その実態に迫る。

「IFRS最前線」

⇒バックナンバー一覧