ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

“マックキラー”ハンバーガー店日本進出の成算は?

シェイク・シャックCEO ランディ・ガルッティ氏に聞く

週刊ダイヤモンド編集部
2015年12月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

米国で人気のハンバーガー店「シェイク・シャック」が11月13日、日本1号店を東京にオープンした。その勢いから“マックキラー”としても注目を集める同社のCEOに、日本進出の狙いを聞いた。

Photo by Hiroyuki Oya

──なぜ1号店の場所に明治神宮外苑を選んだのでしょうか。

 シェイク・シャックはもともとニューヨークのマディソン・スクエア公園で誕生しました。最もにぎやかな場所ではないですが、人々が仲間と集う特別な場所です。

 私たちはただハンバーガーを食べてもらうのではなく、特別な体験をしてほしいのです。店内で食べてもいいし、テークアウトして公園のベンチで楽しんでもいい。この立地は、家族連れも若者も高齢者も誰もが訪れる場所なのです。

──主力のハンバーガーは680円。価格戦略はどう考えますか。

 ニューヨークではシャックバーガーを5.19ドルで提供しています。その価格にできる限り近づけるようにしました。日本での製造コストは米国より高いのですが、パートナーが努力してくれました。ポテトとアイスクリームは日本向けに小さいサイズのものも用意しましたが、ハンバーガーの味とサイズはニューヨークと同じです。

 価格に関しては、ファストフードの最も安い価格帯が幾らかは常に調べていて、高くなり過ぎないようにしています。一方、カジュアルレストランよりも安い価格にすることで、どんな日でも誰でも来店できるようにしています。

──米国では既存店売上高が前期比17.1%増と絶好調です。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧