ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら
【第4回】 2015年12月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
岩崎 夏海

【『もしドラ』第2弾『もしイノ』試読版 第2回】
「やっぱり、真実だったんだ」

1
nextpage

あの280万部超ベストセラー『もしドラ』の続編『もしイノ』の第一章が始まります。
主人公の岡野夢は、ある日、校庭で一冊の本を拾います。その本が、後に彼女の運命を大きく変えることとなるのですが、しかしもちろん、このときの彼女にはそれを知るよしもありませんでした。

ところでみなさん、このシーンって、ある有名なマンガのオマージュになっているのですが、お気づきになりましたでしょうか?

第一部 第一章
「やっぱり、真実だったんだ」

 岡野夢は、私立浅川学園高校の一年生だった。
 浅川学園は、東京の西部、関東平野が終わって多摩丘陵が始まる、小高い丘がいくつも連なった地域にある私立高校だ。
 ただし、浅川学園自体は丘の上にはなかった。多摩川とその支流の浅川とに挟まれた、標高の低いところにあった。
 おかげで、よく風が吹いた。毎年秋を過ぎると、川を吹き抜ける強い風で体が飛ばされそうになることもあるほどだった。
 しかし反面、春はとても気持ち良かった。浅川の土手道にはたくさんの桜が植わっていて、その散った花びらが春風に舞い上げられると校庭は見事な桜吹雪に包まれた。それは浅川学園の春の名物ともなっていた。
 その名物がようやく一段落した四月半ば、とある土曜日の午後、夢は校舎の窓からぼんやりと校庭を眺めていた。この頃になっても、夢は教室の窓から校庭を眺めるのが好きだった。
 一階にある夢の教室の窓からは、目の前にある花壇がよく見えた。そこにはマーガレットやゼラニウム、カザニアなど春の花が咲き乱れていて、入学してすぐ、夢はそこからの眺めが大のお気に入りとなった。
 ただしこのとき、校庭に走る陸上部員の姿はなかった。校門へと続く通路のところに帰宅する生徒たちがまばらにいるくらいで、あとは無人だった。
 この日は授業が午前中で終わりだったものの、夢は花壇と、それから人影の少ない校庭とが織りなすどこか物憂げな情景に魅入られ、なんとなく帰れずにいた。
 本当はこの日、友だちと一緒に遊ぶ予定だった。しかし急な予定が入ったとかで、先ほどキャンセルになったのだ。おかげで何もする当てがなくなり、暇を持て余していた。
 そのとき、夢は花壇の向こうにある校庭のトラックの手前辺りに、なにやらキラキラと光るものが落ちているのを見つけた。ただ、それが何なのかは、すぐには分からなかった。一階の窓からだと角度が浅く、その表面が見えづらかったからだ。
 そこで夢は、鞄を手に取ると教室を後にした。帰るついでに、そのキラキラしているものが何か、確かめようとしたのだ。
 昇降口で靴を履き替えると、校庭へ向かった。そうして、そのキラキラ光るものが落ちている場所へと近づいた。
 すると、ようやくその正体が分かった。それは本だった。本のカバーの部分がつるつるとした素材で、太陽の光を反射してキラキラと瞬いていたのだ。
 夢はそれを拾ってみた。すると、タイトルにはこうあった。
『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』
 それで、夢はこう思った。
(ずいぶん長いタイトルだなあ)
 また、こうも思った。
(ライトノベルなのかな?)
 なぜかといえば、その表紙にはアニメのようなタッチで女子高生のイラストが描かれていたからだ。そういう表紙はライトノベルによくあった。また背景には、青い空と白い雲、そしてその下を流れる川の絵が描かれていた。
 その絵を見て、夢は(どこか浅川に似ている)と思った。
 それから辺りを見回した。しかし、周囲には誰もいなかった。そこで夢は、もう一度その本を眺め、しばらく考えた。
 そうしてやがて、その本を鞄にしまうと、そのまま帰途についたのである。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


岩崎夏海(いわさき・なつみ)

1968年生まれ。東京都日野市出身。東京藝術大学建築科卒。 大学卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』等、テレビ番組の制作に参加。その後、アイドルグループAKB48のプロデュースなどにも携わる。2009年12月、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(ダイヤモンド社)を著し、ベストセラーに。他の著書に『エースの系譜』(講談社)、『小説の読み方の教科書』(潮出版社)、『チャボとウサギの事件』(文藝春秋)、『宇宙って面白いの?』(講談社)、『まずいラーメン屋はどこへ消えた?―「椅子取りゲーム社会」で生き残る方法』(小学館)、『部屋を活かせば人生が変わる』(部屋を考える会著/夜間飛行)、『『もしドラ』はなぜ売れたのか?』(東洋経済新報社)、『競争考』(心交社)などがある。 また、ドワンゴ・夜間飛行にて有料メルマガ『ハックルベリーに会いに行く』を配信中。Youtubeチャンネル『ハックルテレビ』を運営。2015年から岩崎書店の社外取締役となり、児童書のプロデュースにも携わる。他に、「岩崎夏海クリエイター塾」の講師を2014年から務めている。

 


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら

275万部を突破した『もしドラ』から6年。再びドラッカーを題材にした新刊『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら』を書き下ろした著者・岩崎夏海氏が、各界の著名人を迎え、今作のテーマについて語り合います。

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら」

⇒バックナンバー一覧