ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

ピーチがLCCで圧倒的に独り勝ちできた理由

週刊ダイヤモンド編集部
2015年12月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
日本初のLCCとして2012年3月にスタートしたピーチ。わずか3年半で累損を解消した Photo:©2012 Peach Aviation Limited

 格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションの2016年3月期中間決算(4~9月期)の業績が本誌取材で明らかになった。売上高は約240億円、営業利益は約40億円で、売上高営業利益率は16.6%。季節要因により、通期の営業利益率は低下する可能性もあるが、航空会社としては極めて高収益だ。

 15年3月期の業績は、売上高371億円、営業利益は29億円だったので、上期だけですでに前期1年ぶんの営業利益を超えた形だ。

 これに対し、他のLCCはいずれも大苦戦している。ピーチと同じ12年からスタートしたジェットスター・ジャパンは15年6月期、売上高420億円に対して、営業損益は79億円の赤字。同社は、就航してから3年間、ずっと赤字続きである。

 また、バニラ・エアも15年3月期38億円の営業赤字、春秋航空日本も14年12月期49億円の営業赤字となるなど、本業で黒字を出せていないのが現状だ。

 他のLCCがつまずく中、なぜピーチだけが好業績なのか。

次のページ>> 関空拠点で高い搭乗率
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧