ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら
【第12回】 2015年12月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
岩崎 夏海

勝つためには、がんばるより型を学べ!
イノベーションのための思考パターン
【川上量生×岩崎夏海】対談(後編)

1
nextpage

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら』(通称:もしイノ)の刊行を記念して行われた、著者の岩崎夏海さんとカドカワ社長の川上量生さんの対談、後編です。『もしイノ』のなかの重要なテーマである、「教育」「イノベーション」について、小説の中身と関連付けながら解説していきます。
(構成:崎谷実穂、写真:京嶋良太)

教育はしたくないから、目の前のカードで役をつくる

川上 主人公の夢ちゃんは、「居場所をつくる」という役割を与えられますよね。そのときに「人事担当」という言葉が使われている。これはすごくおもしろいと思いました。たぶん、企業に就職するとき最初から人事部を希望する人って、あまりいないと思うんです。そんなに花型の部署には思われていない。でも、『もしイノ』で夢ちゃんがやるようなことを「人事」と呼ぶなら、人事部の人気が上がるだろうと思いました。人事の大切さに気づかせてくれる小説ですね。

岩崎 そうですね。人事をやっている人には、ぜひ読んでもらいたいなと思って書きました。川上さんご自身は、経営者として人事についてどう考えていらっしゃるんですか?

川上 経営にとって人事はすごく重要ですよね。でも僕としては、人事はずっと逃げてきたテーマなんです。人事って、継続性が大事じゃないですか。メンテナンスをしないと機能しない。1回システムをいじれば終わり、ではなくてフォローアップまで含めてやるのが人事ですよね。そういうのが、僕は苦手なんです。

岩崎 掃除みたいなものですよね。毎日やらないとホコリが積もっていってしまう。では教育はどうしているんですか? 『もしイノ』のテーマのひとつが教育なんです。

川上 教育はしません。僕は基本的に、目の前にあるカードだけで役をつくりたい。

岩崎 でも、ドワンゴ内には教育を担当している人がおそらくいますよね。教育によって、入った時はぜんぜんダメだったプログラマが、劇的にスキルを身に着けたという例などはないんですか?

川上 うーん、それは教育というより、経験によるものだと思います。ある環境に置かれて、経験を積むと人間は成長する。教育というのは、その環境を人工的にシミュレーションして与えるものですよね。それはやっぱり、一種の嘘だと思っていて。そういう意味では、僕は実戦のみが教育だと思っているところがあります。

岩崎 川上さんは、経営者としてその実戦の場を用意するということでしょうか。

川上 それを教育と呼ぶならば、そういうことは考えています。でも学校的な、座って「さあ、なにか教えて下さい」というようなものは、すごく冷めた目で見ています。

岩崎『もしイノ』では、マネジメントは強みを活かすことで、教育は弱みを克服することだとしているんです。

川上 それで言うと、けっきょく教育ってマネジメントの範疇なのではないでしょうか。あえて別立てするほどのものではない。ドワンゴも研修などはやっていますから、教育をしていないわけではないんですよ。でも、教育が機会を与えるものだとすると、それを受け取って成長するかどうかは本人次第ですよね。教育で強制的に人を変えられるか、というと疑問です。

岩崎 では、N高等学校など、教育事業を始められたのは、なぜなんですか?

川上 N高校は、既存の教育制度に対する挑戦です。それは社会的に意義があると思ってやることにしました。自分は仕事やりつくしたから、これからは後進に自分の経験を伝えたいとかいう人って多いじゃないですか。ぼくはそういう気持ちで教育と言い出したワケじゃないです。生涯現役でいたいから。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


岩崎夏海(いわさき・なつみ)

1968年生まれ。東京都日野市出身。東京藝術大学建築科卒。 大学卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』等、テレビ番組の制作に参加。その後、アイドルグループAKB48のプロデュースなどにも携わる。2009年12月、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(ダイヤモンド社)を著し、ベストセラーに。他の著書に『エースの系譜』(講談社)、『小説の読み方の教科書』(潮出版社)、『チャボとウサギの事件』(文藝春秋)、『宇宙って面白いの?』(講談社)、『まずいラーメン屋はどこへ消えた?―「椅子取りゲーム社会」で生き残る方法』(小学館)、『部屋を活かせば人生が変わる』(部屋を考える会著/夜間飛行)、『『もしドラ』はなぜ売れたのか?』(東洋経済新報社)、『競争考』(心交社)などがある。 また、ドワンゴ・夜間飛行にて有料メルマガ『ハックルベリーに会いに行く』を配信中。Youtubeチャンネル『ハックルテレビ』を運営。2015年から岩崎書店の社外取締役となり、児童書のプロデュースにも携わる。他に、「岩崎夏海クリエイター塾」の講師を2014年から務めている。

 


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら

275万部を突破した『もしドラ』から6年。再びドラッカーを題材にした新刊『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら』を書き下ろした著者・岩崎夏海氏が、各界の著名人を迎え、今作のテーマについて語り合います。

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら」

⇒バックナンバー一覧