ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
China Report 中国は今

中国人爆買いは果たして地方を潤すのか?

姫田小夏 [ジャーナリスト]
【第195回】 2015年12月22日
1
nextpage

 東京・中野といえば、マンガやフィギュアなどの“サブカルチャーの聖地”として有名だ。アニメ関連商品が集積する「中野ブロードウェイ」には日本全国のアニメファンのみならず、外国人観光客が連日どっと押し寄せている。

街のドラッグストアで免税表示が目立つようになった

 中野駅北口広場と中野ブロードウェイをつなぐ224メートルのアーケード商店街では、増え続ける中国人観光客の「爆買い」を商機と見込んだのか、ドラッグストアや飲食チェーン店が軒並み増えた。

 地元の住民からすれば、狭い商圏に立地する5軒のドラッグストアは、明らかに「過剰」である。「このまま行けば、中野の商店街はドラッグストアと回転寿司の天下になるかもしれない」と危惧する住民は少なくない。

 その一方で、昔ながらの老舗衣料品店が静かに姿を消し、なじみの街の靴屋や雑貨店も閉店した。競争に勝てなかったといえばそれまでだが、気がつけば中野から次々と地場の顔が消えている。

クルーズ船の爆買い客で
地元の商店は潤わない

 中国に地理的にも近い、鹿児島県や沖縄県でも変化が始まっている。

 2012年3月、鹿児島県の港「マリンポートかごしま」のそばに、東京に本社を置くドン・キホーテの宇宿店が開店した。このディスカウントストアがターゲットにするのは、大型クルーズ船で鹿児島を訪れる中国人観光客の爆買いだ。近年はイオンモールも店を構えた。

 クルーズ船の寄港、そしてこの2つの大型ショッピングセンターの進出で地元も活性化すると思いきや、地元からは不満の声も上がる。鹿児島県在住の若手経営者のひとりは言う。

 「インバウンド・ツーリズムで潤うのは所詮ナショナルチェーン、ナショナルブランドにすぎません」

 クルーズ船で訪日する中国人観光客のお目当ては買い物。量販店はその「爆買い」に照準を合わせて出店攻勢をかけた。店内で扱うのは家電製品や日用消耗品などの売れ筋商品である。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
ビジネスプロフェッショナルの方必見!年収2,000万円以上の求人特集
ビジネスプロフェッショナルの方必見!
年収2,000万円以上の求人特集

管理職、経営、スペシャリストなどのキーポジションを国内外の優良・成長企業が求めています。まずはあなたの業界の求人を覗いてみませんか?[PR]

経営課題解決まとめ企業経営・組織マネジメントに役立つ記事をテーマごとにセレクトしました

クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

注目のトピックスPR

話題の記事

姫田小夏 [ジャーナリスト]

ひめだ・こなつ/中国情勢ジャーナリスト。東京都出身。97年から上海へ。翌年上海で日本語情報誌を創刊、日本企業の対中ビジネス動向を発信。2008年夏、同誌編集長を退任後、「ローアングルの中国・アジアビジネス最新情報」を提供する「アジアビズフォーラム」主宰に。語学留学を経て、上海財経大学公共経済管理学院に入学、土地資源管理を専攻。2014年卒業、公共管理修士。「上海の都市、ビジネス、ひと」の変遷を追い続け、日中を往復しつつ執筆、講演活動を行う。著書に『中国で勝てる中小企業の人材戦略』(テン・ブックス)、共著に『バングラデシュ成長企業 バングラデシュ企業と経営者の素顔』(カナリアコミュニケーションズ)。

 


China Report 中国は今

90年代より20年弱、中国最新事情と日中ビネス最前線について上海を中心に定点観測。日本企業の対中ビジネスに有益なインサイト情報を、提供し続けてきたジャーナリストによるコラム。「チャイナ・プラス・ワン」ではバングラデシュの動向をウォッチしている。

「China Report 中国は今」

⇒バックナンバー一覧