「幸せ食堂」繁盛記
【第十八回】 2015年12月21日 野地秩嘉

豆腐だけをおかずに、ご飯が食える!
八丁堀の隣、鉄砲洲で、
美味しい豆腐の偉大さに改めて感服!!

鉄砲洲という地に60年の豆腐屋

 豆腐店兼食堂の「鉄砲洲 双葉」は八丁堀と新富町の中間にある。鉄砲洲という場所だ。時代小説にでてくる、その地名は徳川幕府が鉄砲の試射を行ったことから付いたもの。

 双葉は半世紀近く前にまず豆腐店として開業した。亡くなった主人が人形町にある豆腐店「双葉」からのれん分けで創業したのである。現在、食堂部門で働いているのは80歳の田中ナカさんと長女の高橋久美子さんのふたりだ。隣にある豆腐部門はナカさんと長男がやっている。

とうふ定食(750円)は、冬は温豆腐にできる。豆腐は木綿と絹が選べる

 双葉の営業は午前11時から午後1時までの2時間。メニューは4種類だけだ。日替わり定食(750円)、肉豆腐定食(700円)、生揚げ定食(650円)、とうふ定食(750円)。

 日替わり定食のおかずは曜日によって決まっている。火曜と金曜は和風のマーボー豆腐。水曜は、さば、さんま、いわしの煮つけがおかず。月曜、木曜は豚のしょうが焼き、あるいは豚肉入りの野菜炒めである。毎日、おかずが変わるから、近所にオフィスがある人は便利だろう。

 定食はいずれもボリュームたっぷりだ。肉豆腐は牛肉、焼き豆腐、しらたきを甘辛く煮たもの。生揚げは揚げたての熱々の生揚げ1枚がおかずだ。同店の生揚げは普通の生揚げよりも分厚い。1枚を食べれば、おなかいっぱいになる。わたしがもっとも感心したのはとうふ定食だ。なんと、大きめの豆腐が一丁。夏は冷奴。冬はあたためた温豆腐になる。

サイドディッシュのひじき煮とおから(各100円)

 定食には小鉢がふたつは付く。ほうれんそうのお浸し、生揚げの煮つけ、ミニ冷奴もしくは卯の花。また、サイドディッシュにカップ納豆、ひじき煮、卯の花がある。それぞれ50円(納豆)、100円で定食にプラスすることができる。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

野地秩嘉 1957年東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業。出版社勤務、美術プロデューサーなど を経て、ノンフィクション作家に。食や美術、海外文化の評論、人物ルポルタージュ など幅広く執筆。近著に、「TOKYOオリンピック物語」「イベリコ豚を買いに」「打 ち合わせの天才」「アジア古寺巡礼」「アジアで働く いまはその時だ」など。


「幸せ食堂」繁盛記

この連載は、味がよく、サービスも悪くなく、値段はリーズナブルで、しかも、できればハイサワーやホッピーを置いている店のグルメガイドだ。ここで紹介される店は、金持ちの社長やグルメ評論家はまずいない。著者は、そういう店を「勤労食堂」「国民酒場」と呼ぶ。そこでは客が微笑しながら食べている。ほほえみながら食べている人と一緒にいることは至福だ。人生の幸せは勤労食堂もしくは国民酒場にある。

「「幸せ食堂」繁盛記」

⇒バックナンバー一覧