ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

石破茂地方創生担当大臣インタビュー
やりっぱなし・頼りっぱなし・無関心…
地方創生を挫折させるのは逆三位一体だ

週刊ダイヤモンド編集部
2016年1月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Toshiaki Usami

消滅可能性自治体が話題になるほど、地方の衰退は激しい。これに対して、地方の復活を目指す地方創生の取り組みは、アベノミクス第2ステージの柱であり、新年はいよいよ実行段階に移る。地方創生の「伝道師」を自任する石破茂地方創生担当大臣に、今後のスケジュールと何を地方自治体に期待するかについて聞いた。(聞き手/週刊ダイヤモンド論説委員 原 英次郎)

地方創生の予算は内容によって
満額もあればゼロ回答もある

――地方創生の現状と今後のスケジュールからご説明下さい。

 地方創生への取り組みは、2014年9月に政府部内で本格的に始まりました。その段階では、自治体の関係者も「KPI(重要業績評価指標)ってなんですか」「PDCA(Plan‐Do‐Check‐Act cycle)ってなんですか」という感じが多かったと思います。

 翌2015年は、地方創生の意義、趣旨を周知徹底し、各自治体が「地方版総合戦略」をつくる1年でした。16年は計画から実行へと本格的に移る年になるでしょう。すべての自治体において、「産・官・学・金・労・言(産=産業界、官=役所、学=地方の高等教育機関、金=地域金融機関、労=労働組合、言=地域メディア)の協力の下、取り組みの成果を測るKPI を設定し、PDCAを回しながら進めていくことになります。

 地方創生は、この国のあり方を根本から変える取り組みです。今まで日本は、高度経済成長、人口増加、地価の上昇など、全てが右肩上がりという環境に恵まれてきました。地方経済は公共事業や企業誘致により維持されていました。ところが、そのような環境が大きく変わってしまった。この間、地方は国が提示する決まり決まったメニューにともすれば依存し、わが市や町の人口をどう維持し、どのようにして活性化するか、つきつめて考えてこなかった部分があるのではないでしょうか。

 16年の3月31日には地方版総合戦略が出揃い、「さあ実行」となります。国としては、新型交付金による財政支援、地域経済分析システムを活用した情報提供、地方創生人材支援制度による人材支援を行っているところです。これらをさらに拡充して、補正予算、本予算で切れ目のない対応 をしたいと思います。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2016年10月1日号 定価710円(税込)

特集 特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国

違いが分かる食の帝国を徹底解明!

【特集2】
2017年 新卒就職戦線総括
今年も「超売り手市場」が継続 選考解禁前倒しも競争は激化

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧