ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ホリエモン的常識

世間の声になんかに惑わされず
2016年も本音オンリーで生きていくぞ
【ホリエモン的常識】

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]
【第62回】 2016年1月5日
Q.堀江さんは、新著『本音で生きる~一秒も後悔しない強い生き方』(SBクリエイティブ)のなかで、「本音で生きられないのは自意識とプライドが邪魔をするから。プライドをなくした方が人に愛される」と述べられています。プライドをなくすにはどういう心掛けが必要なのでしょうか。

自分が勝手に思い込んでいるほど
自分は注目などされていない

A.まずは、自分は周りの人たちから、大して注目されていないということを自覚すべきでしょう。

 有名人(!)である私ですら、ファーストインプレッションはそれなりに注目されるものの、慣れると全然注目されなくなってしまいます。多くの人は家族や恋人にすら、さほど注目されていない時間の方が多いのではないでしょうか。

 ですから、もし失敗をしても、そのことを気にする必要は全くありませんし、人にどう思われているとかも意識する必要はないのです。

 もう一つは、普段から知らない人と積極的に交流する癖をつけることです。それも同性や同世代の人とばかりではなく、異性や違う世代、異なる民族など、とにかく自分とは属性が違う人と交流するように心掛けます。

 そうやって普段から異質な考え方に触れることによって、自分の心のなかのバリアを取り払うことによって、いろいろな人たちが自分に対して、より話しかけ易くなるのです。

 相手も自分と同じように心の中にバリアを持っている。それを取り払いやすくする心遣いが大事なのだと思います。

Q.精神疾患での労災認定がこの10年で4倍まで増加しており、厚生労働省は企業等による従業者に対するストレスチェックを義務化しました。堀江さんが経営者なら、うつ病などの社員を見つけた場合どう対処しますか。また、そうした社員が生まれないようにする予防策はありますか。

仕事が直接の原因のストレスは
会社の責任でゼロにしなければならない

A.私が会社を興した当初のころは、うつ病がまだあまり社会から認知されていませんでした。しかし、実際には製品の納期直前になって急に出社拒否になる社員が現れるなんてこともあり、困惑したことがあります。

 そもそもで言えば、通院や投薬が必要なレベルの程度の極めて軽いうつ病は、誰にでも発症する可能性はあるのではないでしょうか。これに対して会社ができる対策としては、少なくとも会社のなか、仕事のなかでは過度のストレスを感じさせないような労働環境を細やかに準備するしかないでしょう。

 しかし、会社以外の例えば家庭や友人関係でのトラブルなどに関しては、会社では解決しようがないものだと思いますので、予防ないし完全に解決することは不可能だと思います。

 このような場合は、予防と合わせて、うつ病になった後のケアをしっかりやる体制を整えることが重要でしょう。うつ病状態で一人で飲酒して、突発的に自殺行為に走るといったことは、何としてでも防がなくてはなりません

毎週月曜日に配信!

あのホリエモンのメルマガがダイヤモンド社から配信開始

  • 毎週月曜日は、通常号「堀江貴文 ブログでは言えない話」
  • 毎週火曜日は、DPMだけの特別配信「ホリエモン的常識」
    (週刊ダイヤモンド連載生原稿)

メルマガ申し込みへ

●橘玲、闇株新聞などダイヤモンド社の著者がメルマガを配信!DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

今週の週刊ダイヤモンド

2016年9月3日号 定価710円(税込)

特集 メガバンク 地銀 証券 金融エリートの没落

本業全滅!銀行員、証券マンの苦悩を徹底描写

【特集2】
全てはボールペン軸から始まった
「加工の匠」積水化学の開発力

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]

1972年福岡県八女市生まれ。血液型A型。実業家。元・株式会社ライブドア代表取締役CEO。民間でのロケット開発を行うSNS株式会社ファウンダー。東京大学在学中の1996年、23歳のときに有限会社オン・ザ・エッヂ(後のライブドア)を起業。2000年、東証マザーズ上場。2004年から05年にかけて、近鉄バファローズやニッポン放送の買収、衆議院総選挙への立候補などといった世間を賑わせる行動で一気に時代の寵児となる。しかし2006年1月、証券取引法違反で東京地検特捜部に逮捕され懲役2年6ヵ月の実刑判決を下される。2013年11月に刑期を終了し、ふたたび自由の身となって「ゼロ」からの新たなスタートを切った。自身のブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」で独自の見解を展開中。著書に『徹底抗戦』『人生論』『希望論』など。TV、ラジオ、インターネット番組と幅広く活躍中。


ホリエモン的常識

日本で一番有名な企業家、ホリエモンが世間の常識に囚われずに、本音の回答を行なうQ&A連載がスタート。

毎回、起業、IT、テクノロジー、経済、時事問題などあらゆるジャンルの質問に答えていきます。質問は以下から q-horie@diamond.co.jp  週刊ダイヤモンドでの連載と連動し、DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)では、フルバージョンでの配信も行ないます。

「ホリエモン的常識」

⇒バックナンバー一覧