ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田中秀征 政権ウォッチ

成長と改革は本当に実現できる?
「脱小沢」菅直人新政権への期待と懸念

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]
【第37回】 2010年6月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 この1週間で政局は急施回して、菅直人新内閣が発足した。

 世論調査での新内閣の評判は上々で、政権も民主党も支持率がV字回復している。

 これは昨年の自民党政権への絶望が民主党政権を出現させたのとよく似ている。いわゆる「小鳩体制」であった鳩山由紀夫政権への絶望、不人気が新内閣への期待につながった点も無視できない。とにかく、自民党政権を終わらせたいと同じように鳩山政権を終わらせたいと願う人が多かったのだろう。

「反小沢」「革新派」「財政再建派」で
固められた菅新政権の顔ぶれ

 菅政権の党や内閣の主要人事にはいくつかの特徴が見られる。

(1)非小沢、反小沢の有力者が政権中枢を占拠したこと。

 「ここまでやるのか」と驚くほど、菅首相は親小沢の人たちを中枢から遠ざけた。

 首相は連日、党や内閣の人事を自らぶら下がりインタビューで少しずつ明らかにした。

 かつてこんなことは1度もなかった。組閣は官邸で「呼び込み」によって集中的に行われてきた。メディアは総力で取材して入閣者の名前を報道したが、首相自身が明らかにすることはなかった。

 これはおそらく菅戦術だろう。

 すなわち、反小沢の人を起用することを明らかにすれば、世論は期待して世論調査に反映する。そして支持率が高まれば、小沢グループは勢いをそがれる。世論調査とタッグマッチで小沢派を封じ込めたのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]

1940年長野県生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒業。
83年、衆議院議員初当選。93年6月、新党さきがけ結成、代表代行。
細川政権発足時、首相特別補佐。第一次橋本内閣、経済企画庁長官。
現在、福山大学客員教授、「民権塾」塾長。


田中秀征 政権ウォッチ

かつて首相特別補佐として細川政権を支えた田中秀征が、期待と不安に溢れた現政権の動向を鋭く斬り込む週刊コラム。刻一刻と動く政局をウォッチしていく。

「田中秀征 政権ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧