ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
東京23区 データで分かる区の実力

大田区――東京都最大の区が持つ「高級住宅街」と「工場の街」という2つの素顔

小口達也 [一般社団法人東京23区研究所 上席研究員],東京23区研究所,フィルモア・アドバイザリー
【第7回】 2010年6月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 大田区は、東京23区の中で最も広い区だ。人口でも第3位。田園調布のような高級住宅地と、蒲田に代表される町工場の街という、両方の顔を持つ。大森貝塚、多摩川台古墳群、池上本門寺五重塔など、史跡も豊かである。土地が広いだけにスケールも大きく、潜在的可能性もまだまだ秘めている。何と言っても、羽田空港があるではないか。

人口で他の区に抜かれつつも
広さではトップを守り続ける

 この大田区、久しくライバルは世田谷区だった。人口では、大田区がトップの時代があった。1950(昭和25)年より20年間ほどにわたり国勢調査(5年おき)のたびに、目まぐるしく人口第1位の座を世田谷区と交替した。

 70(昭和45)年に世田谷区がトップに立つと、以後は徐々にその差を広げられ、20世紀末(2000年)の国勢調査ではついに練馬区に2位の座を奪われ、現在第3位となっている。

 ただし広さでは、現在大田区がトップの座にいる。その面積59.46平方キロメートルは、東京都の特別区部(23区)全体のおよそ10分の1ほどを占める。かつてのナンバーワンは世田谷区(58.08平方キロメートル)であった。

 国土地理院のデータによれば、92(平成4)年12月に、それまでの56.29平方キロメートルから3.17平方キロメートル増大して、現在の面積となっている。世田谷区との違いは、海に臨んでいること。東京湾の埋め立てによって、大田区の土地は生き物のように成長したのだ。

 なお、中央防波堤埋立地の帰属について江東区との間で調整中だ。大田区はもっと広くなるのだろうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
使えるデータ満載「東京23区ランキング」2冊同時発売中

東京23区の各区の特徴をランキングで徹底分析したデータブック「東京23区ランキング」。各区ごとにまとめた「赤版 意外な区の横顔編」(写真)と、テーマごとに区の実力をランキング化した「青版 仕事に役立つデータ編」の2冊が刊行。小口達也+東京23区研究所著。各1260円(税込)

話題の記事

小口達也 [一般社団法人東京23区研究所 上席研究員]

一般社団法人東京23区研究所上席研究員。1978年より財団法人・東京都政調査会研究員、都市問題・自治体政策の研究に従事。87年より中央大学社会科学研究所・客員研究員、多摩地区の地域開発研究に従事。その後、フリーを経て現職。

フィルモア・アドバイザリー

2006年11月、海外機関投資家向けの独立系リサーチ会社として設立。現在は数値データのグラフ化・共有サイト「vizoo」、グラフ投稿サイト「Figit」の運営を行うほか、メディア向けにグラフを用いた特集記事等を配信。
フィルモア・アドバイザリー


東京23区 データで分かる区の実力

世界一の都市圏である東京。特にその中心となる23区は、データや知識を積み重ねると、それぞれの区が特徴や「区民性」を持ちながら、それぞれの土地に人やビジネスを惹きつけていることがわかる。そんな各区のデータを見ながら、歴史や周辺情報と共に、23区それぞれの特徴、「実力」を明らかにしていく。

「東京23区 データで分かる区の実力」

⇒バックナンバー一覧