ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

なぜ日本IBMはLGBT施策の
先頭ランナーになれたのか

日本IBM最高顧問、元LGBT担当副社長・下野雅承氏に聞く

週刊ダイヤモンド編集部
2016年1月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

近年、日本企業でも経営における「ダイバーシティ」(視点の多様性)が注目を集めるようになった。米国発のダイバーシティという概念は、単に女性管理職の数を増やすということに留まらず、さまざまな多様性を受け入れた上で彼ら彼女たちが持つ能力を“企業資産”としてビジネスに生かすことが前提となる。大企業では、性的少数者すなわちLGBT(ゲイ、レズビアン、バイセクシャル、トランスジェンダーなどの総称)の当事者は、必ず一定の割合で存在している。なぜ、企業はダイバーシティに取り組む必要があるのか。2004年以来、日本IBMで旗振り役を担ってきたキーマンの下野雅承(しもの・まさつぐ)氏に問題意識を聞いた。(「週刊ダイヤモンド」編集部 池冨 仁)

――この1月1日より、日本IBMでは、LGBT当事者の社員を対象にした“同性パートナー登録制度”を始めました。これまで、国内の大企業におけるLGBT関連施策の実施状況では先頭を走ってきましたが、実現に至るまでにはどのような苦労があったのですか。

しもの・まさつぐ
1953年、大阪府生まれ。78年4月、京都大学大学院工学研究科修士課程修了後、日本IBMに入社。営業畑が長く、2001年4月に取締役となる。LGBTの問題に関わり始めたのは、04年1月からで、ゲイタウンとして知られる東京の新宿2丁目に通ったり、LGBT関連イベントでスピーチをしたり、10年7月以降は“副社長兼旗振り役”を務める。社外での講演活動も多く、関連する話題を集めた分厚いファイルを携行する。最近、面白かった書籍は、ゴリラの同性愛について取り上げた章を含む『「サル化」する人間社会』(集英社インターナショナル)。16年1月1日からは、最高顧問に就任する。Photo by Shinichi Yokoyama

 同性パートナー登録制度は、人事部に所定の事前登録をすれば、LGBT当事者(社員)と同性パートナー(社内外)に対しても、男女間のカップルと同じように、特別有給休暇、休職、慶弔見舞い、赴任旅費などが適用されるもので、人事部のダイバーシティ担当者や、社内のLGBTコミュニティなどが、数年がかりで取り組んできたものです。法務部も、汗をかいてくれました。

 日本IBMでは、これまでにもLGBT関連施策では数多くのチャレンジをしてきましたが、大きな転機がありました。2012年から、同性同士の事実婚のカップルにも「結婚祝い金」(3万円)を出すようになったことで、この動きが国内のLGBTコミュニティの中で非常に高く評価されて、私もLGBT関連イベントなどにお声がかかるようになりました。また、私たちの取り組みを受けて、国内の他の企業でも後発事例がいくつか出てきました。これは、素直に嬉しいことです。今日までに、15組が結婚祝い金の申請をしています。

 苦労というほどではないですが、米国のIBM本社で、実際に行われているLGBT関連施策をすべてリストアップすると、日本のIBMは「まだまだ、やり残していることがたくさんある」というのが正直なところです(苦笑)。

 もっとも、米国に先行事例があるからといって、そのまま日本に適用できるわけではなく、中には無理というものもあります。現実的には、日本の法制度などでクリアすべき事項が多々あります。例えば、「こういう場合は、どうなる?」など、法律的なチェックを徹底する作業などは、担当者にとっては骨の折れる仕事です。さらに、営利企業ですから、法律的な部分以外では「会社の負担がそれほど発生しない施策に限る」という点も、重要になってきます。

――ダイバーシティという概念の一部である性的少数者については、LGBTとひとまとめに言われていますが、当事者でない人にとって最も分かりにくいのが、性同一性障害を含むTのトランスジェンダーだと思います。これから、LGBT関連施策を進める企業は、「トイレの問題」に頭を悩ませています。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2016年10月1日号 定価710円(税込)

特集 特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国

違いが分かる食の帝国を徹底解明!

【特集2】
2017年 新卒就職戦線総括
今年も「超売り手市場」が継続 選考解禁前倒しも競争は激化

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧