ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

塚田農場「リピーター率6割」の秘密

エー・ピーカンパニー 米山久社長に聞く

週刊ダイヤモンド編集部
2016年1月21日
1
nextpage

マーケット縮小という逆風により、ワタミに代表される総合居酒屋が苦戦する中、増収増益を続けている居酒屋チェーンがある。ジャンルは異なれど、得意分野に特化して磨き続けるという共通項がある。各社のトップに、勝ち続ける秘訣を聞いた。第3回は塚田農場を展開するエー・ピーカンパニーの米山久社長。(「週刊ダイヤモンド」編集部 須賀彩子)

エー・ピーカンパニー 米山久社長 Photo by Ayako Suga

──既存店の売上高が、前年同期を割り込む状態が続いています。

 2~3年前は、テレビに出演した効果などで1坪当たりの売上高が30万円を超えていました。そのころと比べて落ちているとはいえ、業界平均15万~16万円のところ、今でも20万円強はキープしており、ネガティブに捉えていません。

 塚田農場は、ビジネスモデルを構築するのに4~5年かけました。養鶏場を保有し、1次産業(生産)から手掛けている。ブームで終わるようなものとは考えていません。

 当社はリピートのお客さまが60%以上で、リピーターを維持することを重視しています。そのために、接客頻度と時間を増やすことに力を注いでいます。実際に接客時間を測ってみると、他の居酒屋チェーンが2~3分だったのに対し、塚田農場は7~8分という結果でした。

4〜5年かけてビジネスモデルを構築した塚田農場。現在は約200店になった

 ビラをまいたり、「ぐるなび」などに出稿したりといった集客ではなく、店内で販促をしようと考えているのです。

──スタッフはアルバイトがほとんどのため、教育面などで大変なのではないでしょうか。

 まさにアルバイトの教育と戦力化が一番のテーマです。まず、研修では、鶏の食肉処理の模様を映したビデオなどを見てもらい、命のありがたみや生産者の思いについて3~4時間講義します。この研修を受けないアルバイトはいません。時給以上のやりがいを持ってもらうためです。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2016年9月3日号 定価710円(税込)

特集 メガバンク 地銀 証券 金融エリートの没落

本業全滅!銀行員、証券マンの苦悩を徹底描写

【特集2】
全てはボールペン軸から始まった
「加工の匠」積水化学の開発力

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧