ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
就職できない若者の「トンデモ言動」

40代以降でなかなか再就職できない人の特徴

櫻井樹吏 [キャリアコンサルタント]
【第48回】 2016年1月27日
1
nextpage
40代の再就職は大変なことばかり

 「40代のキャリア相談を受けていると、悲しくなってくる時がある」

 これは、30代後半以降の方の転職相談を受けている知人が漏らした言葉です。

 「自分のキャリアやこれまでの実績をきちんと語れない方が非常に多い」
 「とにかく話が長い。しかも自慢話に終始する。場合によっては前職の愚痴になる」
 「前職の賃金テーブルを前提に話をしているが、正直その賃金のまま雇える企業はない」
 「社内連携をベースに仕事してきた方は即戦力としてはやや心もとない」

 40代を過ぎてからの転職は、求職者と企業の間でギャップが生じやすくなります。社内異動や出向のように、企業文化を理解していたり、社内の人脈がベースにある場合と違い、何もかもゼロからスタートすることがほとんど。すなわち、選考ではその方自身の実力のみが見定められるからです。

 もちろん40代以降で転職を成功させる人もいますが、今回はなかなか転職・再就職が決まらない人にはどんな問題があることが多いのか、考えていきたいと思います。

自分の経験を語れない40代は
若さが武器の20代にかなわない

 厚生労働省が定める「若年」労働者の年齢定義は、35歳未満となっているのをご存じでしょうか。一般的に35歳からは今後の成長の「可能性」というよりこれまでの「経験・実績」を重視されることがほとんどです。企業によっては20代後半から「経験重視のみ」という場合もあります。体力面でもスキル面でも育成をするのであれば若い方が可能性も見込めますが、年齢が上がるにつれ、即戦力として活躍できることが必須の条件となります。

 総務省『労働力調査』を見てみると、15歳?34歳の労働力人口は減少が続き、2030年にはピーク時(1968年)の61%にまで減少する見込みです。対して労働力人口がピークとなる年齢層は、2012年時点では30代後半?40代前半で、2020年には40代後半、2030年には50代後半となります。

 ただ、現在労働力人口のピークは30代後半~40代前半と言っても、その年代が転職や再就職に有利というわけではありません。今後は「ゆとり」であろうが「さとり」であろうが“若者”が貴重な存在になってきます。反面、即戦力として見込める能力に乏しい場合、30代後半から40代と年齢が上昇するにつれて職業選択の幅は狭まるのが現実です。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
ビジネスプロフェッショナルの方必見!年収2,000万円以上の求人特集
ビジネスプロフェッショナルの方必見!
年収2,000万円以上の求人特集

管理職、経営、スペシャリストなどのキーポジションを国内外の優良・成長企業が求めています。まずはあなたの業界の求人を覗いてみませんか?[PR]

経営課題解決まとめ企業経営・組織マネジメントに役立つ記事をテーマごとにセレクトしました

クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

注目のトピックスPR

話題の記事

櫻井樹吏 [キャリアコンサルタント]

1980年生まれ。大手通信会社の人事部、総合人材サービス会社の若者専門コンサルタントを経て独立。
2010年から500名を超える若者を支援し、年間のカウンセリング数は1200回を超える。 独立後は若年者、主婦の再就職、雇用支援機構や公共事業の講師・コンサルタントを中心に活動中。ホームページ:http://www.sakuraichirin.tokyo


就職できない若者の「トンデモ言動」

一部の若者が大量の内定をもらう一方で、ある一定数の若者は1社も内定をもらえない――。そんな現実が今の就職市場にあります。そんな就職難の実態を景況感のせいにしてしまいがちですが、実は内定をもらえない若者には特徴があります。それは、彼らが「トンデモない言動」をすることです。この連載では、3年間で450人ほどの就職できない若者を支援してきたキャリアコンサルタントの櫻井樹吏さんが、彼らのトンデモ言動の中身と、そんな彼らがどう就職していったのかをお伝えします。

「就職できない若者の「トンデモ言動」」

⇒バックナンバー一覧