ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
40代を後悔しない50のリスト
【第3回】 2011年4月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
大塚 寿 [エマメイコーポレーション代表取締役]

家庭、子育て、教育…
30代とは大きく変わる日常に直面

1
nextpage

40代になると仕事だけでなく
「家庭」も重要になる

 40代の仕事というのは、リーダー的な要素、マネジメントのウエイトが高くなりますので、それまでの「忙しさ」とは中身が異なってきます。なぜなら、年齢とともに自分ががんばれば済むことから、メンバーのやる気や力を引き出さなければ済まないことに変わるからです。

 つまり、間接的に業績をあげなければならなくなることが、「忙しさ」に拍車をかけるわけです。

 さらには、独身時代であれば、仕事に没頭していても家族から文句が出ることはなかったでしょうが、結婚して家庭を持てば、そうもいかなくなるのです。仕事だけでなく、同じくらいのウエイトで家庭のことも顧みなくては、それこそ家庭崩壊につながってしまいます。

 しかも、家庭では「パパ」から「お父さん」になり、「ママ」から「お母さん」に変わるのが40代です。

 30代では育児だったのが、40代は教育に変わりますし、思春期を迎えた子供との距離感は確実に変わるものなのです。

 30代のころは擦り寄ってきて、ほっぺにチューをしてくれた娘からは、「うざい」と避けられるようになってしまうのはショックですが、それも仕方ありません。娘を持つお父さんにとって、40代はそういう試練の年代でもあるのです。

 結局、私は仕事と家庭のウエイトコントロールのために、40代になってゴルフを止めました。自分としては一時中断のつもりですが、もう8年近くコースに出ていません。

 きっかけは家内からの「ゴルフはいくつになってもできるけど、子育ては今しかない」の一言でした。確かに言われてみればまったくその通りだったので、ゴルフを一生懸命やろうと思って会員権まで買ったにもかかわらず、年会費のみを納め続けるシーズンが続いています。

 ゴルフを中断するきっかけは仕事と家庭の両立であったものの、それまで以上に仕事が忙しくなってしまい、週末も仕事をせざるを得ない状況に追い込まれてしまったということもあります。ですから、子育ても工夫が必要になり、短い時間でも家族との時間を充実させる方法を模索しました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
10年後、君に仕事はあるのか?

10年後、君に仕事はあるのか?

藤原和博 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年2月

<内容紹介>
人工知能、グローバル化、就活の地殻変動… 約50%の仕事が今後10〜20年でなくなると言われる。 そのような時代を生き抜くためにはどんな力を身につけておくべきなのか? 教育改革実践家の著者が、高校生に語りかけるスタイルで仕事が消滅していく社会で「稼げる大人」になる方法を伝授する。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、2/12~2/18)


注目のトピックスPR


 

大塚 寿(おおつか・ひさし) [エマメイコーポレーション代表取締役]

1962年、群馬県生まれ。株式会社リクルートを経て、アメリカ国際経営大学院(サンダーバード校)でMBAを取得。現在、オーダーメイド型企業研修を展開するエマメイコーポレーション代表取締役。
挫折の多かった10代、「もっとやれるはずだ」という想いと現実とのギャップに悶々とした20代を過ごした。なんとか現状を変えようと、リクルートの営業マンという立場から、社内外の大手企業・中小企業の管理職や経営者1万人以上にアドバイスを求めるが、その中でも40代を後悔している人が特に多いことを発見。その轍を踏まないように準備し、40代で自己実現を果たす。歴史上の成功者よりも、身近な市井の人の成功・失敗に学ぶことの合理性を痛感している。
著書にシリーズ累計28万部の『40代を後悔しない50のリスト』『30代を後悔しない50のリスト』『結婚を後悔しない50のリスト』(以上ダイヤモンド社)など多数。


40代を後悔しない50のリスト

1万人から聞き出した後悔年齢は「40代」。職場や家庭でも何かと背負うものが多い「空白の10年」をいかに過ごせばいいのだろうか。30代の延長では失敗するという先人たちの後悔から、40代の生き方・働き方が見えてきた。

「40代を後悔しない50のリスト」

⇒バックナンバー一覧