ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
女子高生社長、経営を学ぶ。
【第16回】 2016年1月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
椎木里佳 [株式会社AMF代表取締役],椎木隆太 [株式会社ディー・エル・イー代表取締役]

同じビジネスモデルを大会社にやられたらどうなるか考えよう

「サンデージャポン」「人生の深イイ話!」にも出演で話題沸騰。「かわいすぎる女子高生社長」として注目されている椎木里佳さん。パパは「鷹の爪」で有名なコンテンツ会社「ディー・エル・イー」の椎木隆太社長です。

 本連載は、2月1日にダイヤモンド社から発売される『女子高生社長、経営を学ぶ』の中から一部をご紹介します。

(取材・構成:佐藤智、竹村俊介、撮影:小川孝行)

追い出された「マンガ雑誌プロジェクト」の顛末

里佳 パパが暗黒の3年間を過ごす原因になったマンガ雑誌は、結局どうなったの?

編集部注)隆太パパは、海外向けマンガビジネスをやるため自ら立ち上げた合弁会社を追い出された。詳しくは『女子高生社長、経営を学ぶ』3章をご覧ください。

パパ パパは追い出されて、生きるのに必死で、彼らが何をどうやっているか探っている余裕もなかったから当時の詳細はわからない。

 でも結果は知ってる。この新しい「海外向けマンガ雑誌」が発売されるのとほぼ同時に既存の大手出版社が同様のマンガ雑誌を出版したんだ。そのバトルに破れて、廃刊になっちゃった。たぶん大手出版社にとっては「放っておくと、この新興企業が日本のマンガの海外進出の中心になってしまうかもしれない」と脅威を感じたんだと思う。で、本気になられて、つぶされちゃった。

里佳 エグい!

パパ むこうも有名なマンガのそうそうたるラインナップをポーンと用意してぶつけてきたんだよね。

里佳 やっぱり敵わなかったと。

パパ このような流れの中にも学ぶことがある。つまり、「同一のビジネスモデルで、より大きな資本が入ってきたら、どうやって自分たちを守るのか」ということ。

 マンガ雑誌のプロジェクトを動かしていた当時は一切考えていなかったよね。今から考えると「そんな状態でよく全財産かけたね」みたいな、ちょっと笑っちゃうぐらい脇が甘い考えだったんだよ。

里佳 どんな甘い考え?

パパ 立ち上げたばかりの会社ってスピード感を持ってドンドン仕掛けていって、うまくいけば、しばらくは世の中に受け入れられる。だけど、その成功を見た大きな資本が本気を出したらひとひねりになる可能性がある。

 だから、大資本の会社と差別化するためには「スピードを重視する」とかだけでなく、「著作権や特許で守る」とか、「大企業では絶対マネができない、あるいはマネすると損しちゃうようなビジネスモデルを生み出す」というような、さまざまな方法で守らなきゃいけない。当時は「有名なマンガをおさえて、一番乗りすれば勝ちだよね」みたいな、それだけの発想だったから。

里佳 勢いだけ?

パパ まさに勢いで。「もう勝ったな」みたいな感じだった。

里佳 私の会社みたいなベンチャーがアプリとか開発しても、大きい会社が大金出してガーッと開発とかプロモーションとかやっちゃったら勝てないってことか。

パパ まあ、かならずしもそうではないけどね。ベンチャーでも人や資本を充実させて、先を見通せる経営者が先頭に立って戦えば、大企業にだって勝てる。

 でも大企業とガップリ四つになって戦えるほどの人と資本を充実させられるベンチャーになるまでが、そうとう難しい。

どこからも攻めにくいモデルを構築せよ

里佳 え〜、じゃあベンチャー企業ってお先真っ暗ってこと?

パパ そんなわけないよ。日本のベンチャー企業の未来はとても明るいと思う。

里佳 じゃあ、弱小ベンチャーである私の会社がこれから大企業に勝つためにはどうしたらいいんだろう?

パパ そうだね。

 DLEのフラッシュアニメのビジネスが「ブルー・オーシャンだ」と言って興味を持ってくださった教授がいるんだ。その方が、「椎木さんのビジネスモデルはめちゃくちゃいいよ!」とほめてくださった。

ブルー・オーシャン……欧州経営大学院の教授、W・チャン・キムとレネ・モボルニュが著したビジネス書『ブルー・オーシャン戦略』(日本版は2005年にランダムハウス講談社より刊行)で提唱された概念。本書では、競争の激しいマーケットを「レッド・オーシャン(血の海)」、競争のない未開拓のマーケットを「ブルー・オーシャン(青い静かな海)」と呼んだ。

 その教授はいろんなビジネスモデルを見てきた方で、お会いしたときに「椎木さんのビジネスモデル、何に似ていると思います?」と聞いてきた。僕は「なんだろう? どことも似ていない新しいビジネスモデルだと自負しているんですけどね……」って答えたら、「椎木さん、私の知っている会社で一社似ている会社があるんですよ」と。

里佳 え、どこだろう?

パパ 「どこですか?」って聞いたら、「意外と思うかもしれないですけれど、QBハウスに似ているんです」って。

QBハウス……キュービーネット株式会社が運営するヘアカット専門店。「税込み1080円」という低価格のヘアカットが人気となり急成長。現在、国内外に400店舗以上を展開している。

里佳 QBハウス? あの激安カットの?

パパ そうなんだよ。ビックリするでしょ? 不思議に思って、「QBハウスってあの髪の毛のですか?」って聞いたら、「そうです」って。

里佳 えー? なんでなんで?

※明日に続きます

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


椎木里佳 [株式会社AMF代表取締役]

1997年生まれ。現役の高校3年生で、実業家。「女子高生社長」として知られ、都内の高校に通いながら、六本木ヒルズに事務所を置く株式会社「AMF」を経営。小学校のときにホリエモンの活躍を見て、社長業に興味を持つ。中学3年生のときに起業。現在は、学業のかたわら、スマートフォン向けアプリの開発や各種イベント企画プロデュースなどの事業活動を展開している。父は「鷹の爪」で有名なDLEの社長、椎木隆太氏。

椎木隆太 [株式会社ディー・エル・イー代表取締役]

慶応義塾大学経済学部卒業。「秘密結社 鷹の爪」などをはじめとする、さまざまなキャラクターを保有。1991年4月ソニー株式会社入社。1992年よりソニーインターナショナルシンガポール駐在。1995年ソニーベトナム・ハノイ支社長就任。2001年ソニー株式会社退職後、有限会社パサニア(現株式会社ディー・エル・イー)を設立し、代表取締役就任。現在に至る。


女子高生社長、経営を学ぶ。

女子高生社長として知られる椎木里佳さんが、上場企業の社長であるパパに経営を学ぶ!

「女子高生社長、経営を学ぶ。」

⇒バックナンバー一覧