ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
最高のリーダーは何もしない:内向型人間が最強のチームをつくる!
【第18回】 2016年3月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
藤沢久美 [シンクタンク・ソフィアバンク代表]

それでも「嫌われないリーダー」を目指すべき理由

1
nextpage

1000人以上の経営者へのインタビューを15年近く続けてきた藤沢久美氏の最新刊『最高のリーダーは何もしない』。

藤沢氏は優秀なリーダーに求められる資質について、繊細で大胆なこと、嫌われないことなどを挙げる。その真意とは?

トップリーダーたちは、
繊細さと大胆さを併せ持つ

以前、経団連の機関誌向け新春対談で、2年連続で司会を務めさせていただいたことがあります。経団連会長だった奥田碩(元・トヨタ自動車社長)さんの対談相手は、当時、総理大臣だった小泉純一郎さんでした。

奥田さんは、豪放磊落な方といった印象でしたが、実際にお会いしてみると「気遣いの人」でした。小泉首相のお話が何度も脱線してしまったりするなか、司会役の私を気遣って、何度もさり気なく助け舟を出してくださいました。

もちろん小泉首相も、その場に集まっていた経団連幹部のみなさんを楽しませるために、いろんな話題を提供してくださり、2人のトップリーダーの人間としての温かさを体験させていただきました。

また、2年前のダボス会議(世界経済フォーラム年次総会)では、安倍晋三総理の英語スピーチを拝見する機会がありました。
日本の総理大臣がダボスで英語のスピーチをするのは初めてのことでした。本番前にうっかりその会場に入ったところ、ちょうど安倍総理がスピーチのリハーサルをしている最中でした。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/13~8/19)



    藤沢久美 [シンクタンク・ソフィアバンク代表]

    (ふじさわ・くみ)大学卒業後、国内外の投資運用会社勤務を経て、1996年に日本初の投資信託評価会社を起業。同社を世界的格付け会社スタンダード&プアーズに売却後、2000年にシンクタンク・ソフィアバンクの設立に参画。2013年、代表に就任。そのほか、静岡銀行、豊田通商などの企業の社外取締役、文部科学省参与、各種省庁審議会の委員などを務める。
    2007年、ダボス会議(世界経済フォーラム主宰)「ヤング・グローバル・リーダー」、翌年には「グローバル・アジェンダ・カウンシル」メンバーに選出され、世界の首脳・経営者とも交流する機会を得ている。
    テレビ番組「21世紀ビジネス塾」(NHK教育)キャスターを経験後、ネットラジオ「藤沢久美の社長Talk」パーソナリティとして、15年以上にわたり1000人を超えるトップリーダーに取材。大手からベンチャーまで、成長企業のリーダーたちに学ぶ「リーダー観察」をライフワークとしている。
    著書に『なぜ、川崎モデルは成功したのか?』(実業之日本社)、『なぜ、御用聞きビジネスが伸びているのか』(ダイヤモンド社)など多数。
    Facebook:
    https://www.facebook.com/kumi.fujisawa.official


    最高のリーダーは何もしない:内向型人間が最強のチームをつくる!

    なぜいま、内向的で、心配性で、臆病で、繊細であることが、よいリーダーの共通点なのか? ビジョンによって人を動かす「静かなリーダーシップ」を通じて、自己躍動するチームをつくる秘訣とは? 1000人以上の社長に取材してきた藤沢久美氏が語る「次世代リーダー」へのエッセンス!!

    「最高のリーダーは何もしない:内向型人間が最強のチームをつくる!」

    ⇒バックナンバー一覧