ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
グローバルエリートの英語って?
【第4回】 2016年2月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
新条正恵 [マルチリンガルファシリテーター]

英語思考はスラスラと話すのに必要不可欠!
――単語も文法もわかっているのに話せないのは、思考回路が日本語のままだから

1
nextpage

単語は覚えた、相手の話す英語は理解できる、なのにいざ喋ろうとするとスムーズに言葉が続かない――そんな悩みの原因は思考回路が日本語のままだからだ。英語思考を身に付けるための「メッセージハウス」の手法を『ドクター・ヴァンスの英語で考えるスピーキング』から紹介する。

言葉が続かない、伝わらないのはなぜ?

 発音もマスターした、必要な英単語も、どんな場面でも使いこなせるシンプルなものから、業界用語まで覚えたという方の中には、「短い話ならできるようになったけれど、難しい話はなかなかできない」「なんとか勢いよく話し始めるのだけれど、途中で言葉が続かなくなってしまう」という方もいると思います。

 また、外国人の上司や得意先の人に「あなたの英語はわかりにくい」とハッキリ言われてしまった人もいるかもしれません。単語も文法もバッチリなのに、なぜ話せないのか、伝わらないのか。それは、思考回路が日本語のままだからです。英語の思考回路を習得すると、驚くほどスラスラと覚えた単語が口から出てくるのを実感できるようになります。

英語で話すときは序・論・結で

 日本語の思考回路では、起承転結の順番に文章を組み立てます。英語の思考回路では、序・論・結となります。はじめに序論、そして論拠や証拠、最後に結論を伝えます。

 例えばシステム開発プロジェクトで、予想もしていなかった問題が発生し、納期が遅れそうなケースで見てみましょう。日本語では「ABCプロジェクトは、これまでスムーズに開発が進んでいましたが、予想外の問題が発生しました。開発チームが一丸となって、問題に対応しましたが、現時点で1週間の遅れが発生しています。このままですと、納期が1週間ほどずれ込む見込みです」

 英語でもついこの順番で話してしまいがちですが、序・論・結で同じ報告をしてみましょう。「ABCプロジェクトの納期が1週間ほどずれ込む可能性が出てきました。先日、予想外の問題が発生し、その影響でスケジュールが1週間遅れています。このままですと、納期も遅れる見込みです」となります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


新条正恵(しんじょうまさえ) [マルチリンガルファシリテーター]

日本では最大級の社会人多言語サロン「マルチリンガルクラブ」主宰。
関西外大卒、ユタ州立大学ビジネススクール留学後、外資系企業に就職。ニューヨークメロン銀行ヴァイスプレジデント職を経て、その後独立。
イギリス、アメリカ、オーストラリアに在住および赴任した経験を活かし、英・米・豪の3つの英語を使い分けることができる他、独学で6ヶ国語を1言語につき1ヶ月で習得してきた。
2014年より活動している語学学習コミュニティ「マルチリンガルクラブ」では、話せるようになりたい社会人向けに、独自のメソッドを使った講座を展開。活動開始からわずか1年で国産プチバイリンガルを100名以上輩出している。
著書に『30日で英語が話せるマルチリンガルメソッド』(かんき出版)、『たった2時間で目覚める英語』(ポプラ社)


グローバルエリートの英語って?

国際社会で活躍するための英語、と聞くと、“ネイティブ並みに流暢で、ハイレベル”といったイメージを持っている人が多いのではないだろうか。「グローバルエリートが使う英語も、実は高校までの英語とさほど変わりません。ただ、ちょっとしたコツは必要です」。そう話す新条正恵氏は、外資系銀行でヴァイス・プレジデントとして世界の金融エグゼクティブと働いた経験を持ち、現在は経営者向けのグローバル人材塾「マルチリンガルクラブ」を運営している。このシリーズ連載では、英語が必要なビジネスパーソン向けのコツを『ドクター・ヴァンスの英語で考えるスピーキング』と『ドクター・ヴァンスのビジネス・プロフェッショナルが使うパワー英単語100』を使って紹介する。
 

「グローバルエリートの英語って?」

⇒バックナンバー一覧